ヨーキーもも

リンパ管拡張症と診断され重度下痢を来たしたイヌに対し補完的に宮入菌・グルタミンを投与し有効であった1例

「リンパ管拡張症と診断され重度下痢を来したイヌに対し補完的に宮入菌・グルタミンを投与し有効であった1例」
という文献が、大阪大学大学院医学系研究科生体機能補完講座などにより発表されています。(2013年発表)

以下、内容の要約です。

重度低蛋白症(TP:3.2 Alb1.1)で内視鏡生検にて小腸粘膜固有層のリンパ管拡張、大腸における慢性炎症が認められ、リンパ管拡張症と診断された8歳のウエストハイランドホワイトテリア(♂)が半年のステロイド、サラゾスルファピリジンの内服で小康状態が続きステロイドを漸減していたが、半年後再び下痢、嘔吐などの症状が悪化(TP:3.4 Alb:1.35)し、再びステロイド増量するも改善が見られず、その1ヵ月後より宮入菌を、2ヵ月後よりグルタミンを補完的に処方。徐々に便状態が改善した(TP:3.9 Alb:1.84)。
宮入菌は腸管内における病原菌増殖抑制や効炎症作用が、グルタミンは同じく抗炎症作用や腸粘膜上皮への栄養を供給し粘膜傷害後の修復促進効果があることが報告されている。グルタミン投与後はステロイド剤の内服量は不変にも関わらず総白血球が低下していることや、便状態が改善したことから、大腸炎などの炎症が改善されたことが示唆された。リンパ管拡張症に対する一般的な治療はステロイド剤や食事療法だが、今回のようにステロイド剤を増量したにも関わらず症状の改善が見られない場合、宮入菌やグルタミンといった食品製剤を補完的に用いることでよりよい治療効果を発揮する可能性が示された。



スポンサーサイト
  1. 2015/04/23(木) 23:14:30|
  2. IBDやリンパ管拡張症の文献・情報など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<PLE DOGS FORUM | ホーム | 復活の兆しかも~~>>

コメント

宮入菌、いいんだねー。
H∧Lは強ミヤリサンをずっと飲んでるんだけど
前にどこかでミヤリサンが炎症性腸疾患にいいというのをみたことあるよ。
どこだったか探してみようっと。
ももちゃんもミヤリサン持ってるよね?
グルタミンもいいんだね。
またグルタミンをあげてみようっと。
  1. 2015/04/25(土) 20:19:40 |
  2. URL |
  3. H∧Lママ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

H∧Lママ、コメントありがとう~

ミヤリサンあるんだけど、子供用なんだ~
どれ買うか迷ったんだけど、ももはチビだから飲ませる量がわかりやすうほうがいいかなぁと思って
これにしたんだけど、次に買うときは強ミヤリサンにしよう!!
といっても、まだ使ってないんだけどね。
カルシウム問題が解決したら腸内細菌に取り組もうかな!!!

ミヤリサンが炎症性腸炎にいいって猫ちゃんのブログにかかれっていたのを
前にH∧Lママから教えてもらってみたことあるよ

グルタミンもいつまでつづけるかなぁと思っていたけど、このまま続けても良さそうだね。
ももは1日1回朝0.1gくらい使ってます。

  1. 2015/04/25(土) 23:41:18 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rie1210.blog.fc2.com/tb.php/92-fa3934d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)