ヨーキーもも

人参はじめました。

2月4日
検査結果
 ALB 2.8
 TP 5.7
 Tcho 93


ごはん
(1日量です。4回に分けて食べさせています。)
1月21日~1月22日
 ささみ 45g
 白米 80g
 サツマイモ 40g
 ニンジン 7g
 日清MCTパウダー 0.4g
約242kcal 脂質1g(1.64%) 蛋白質12.9g

1月23日~2月4日
 ささみ 45g
 白米80g
 サツマイモ 40g
 ニンジン 7g
 日清MCTパウダー 0.4g
 アマニパウダー 0.2g
約243Kcal 脂質1.1g(1.78%) 蛋白質12.9g

サプリメント
 L-グルタミン 少々
 カルシウム 少々
 ビタミンB群 少々
 マルチビタミン&ミネラル
 消化酵素(アドバンスドエンザイムシステム) 少々
 マイトマックススーパー 1カプセル

あちこちにカイカイが発生して
 ごはんの後、口の周りを拭く
 夕方散歩の後、足をコラージュフルフルで洗う
 ウンチの後、肛門周りをお湯で拭く
とやってみました

口の周りは少し改善したような。。。
足の裏は赤みがなくなって、なめる回数が減ったかな。。。
肛門周囲は数日改善したように見えたんだけれど
昨日から、また赤く炎症している。。。

病院で見たもらったけれど
何か悪いものが出来ている様子はない(しこり等はない)とのことでした
触りすぎたのが良くなかったかなぁ~


0129.jpg




スポンサーサイト
  1. 2015/02/04(水) 15:25:45|
  2. ⑥アマニパウダーやすりゴマよりMCTオイルを使ってみよう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<あらら。。。下がっちゃいました | ホーム | 尻尾の先にカサブタ。。。>>

コメント

ももちゃん  数値は安定してるね。順調でよかったです。

カイカイね、原因はなんだろうね。
うちはアレルギーを疑って、食べ物を全面的に見直し中です。

口の周り、足の裏、肛門周りって共通する点があるよね。
いずれも排出するところ?
やはり食べ物かね…
ももちゃんもはやく良くなりますように☆
  1. 2015/02/05(木) 18:17:53 |
  2. URL |
  3. H∧Lママ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

H∧L
いつもありがとう~

カイカイはパピーの頃からあったんだけど
ワンコって、みんな多少はカイカイなんだって
のん気に構えていました~

今回はじめてお耳を病院で見てもらって
相当炎症していたことが判明
カイカイも要注意事項となりました。。。
原因は、第1に常在菌をコントロールできない免疫の弱さかなぁと考えています。
第2に必須脂肪酸が取れていないので皮膚のバリアを弱めている。
第3にお米がアレルゲンかもしれない。
……… きっと複雑なんだと思う。

少しずつ改善しているように感じるので
程よく(やりすぎると逆効果なので)良さそうな方法を取り入れてみます!!
  1. 2015/02/05(木) 22:31:15 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

Re: Re: タイトルなし

H∧Lママ~
コメント返信宛名が「H∧L」になったってた。。。
ごめんなさい!!!
  1. 2015/02/06(金) 06:52:38 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

参考にさせて頂きます!

はじめまして!モモちゃんと同じヨーキー♂9才のマロンは平成12年にリンパ管拡張症を発症し、再発を繰り返し、それまで近くの獣医に治療を委ねて来ましたが、疑問に思う点が多々あり、去年の4月からは日本獣医生命科学大学に月1のペースで通っていました。ステロイド治療、フードは療法食でした。それで暫く落ち着いていたのですが、今年初めに突然腹水が溜まり、血小板も数値が下がり、そのうち貧血も進み、肝臓も腫れ1月中旬には後2、3日、もって1週間でしょうといわれてしまいました。フラフラで目が離せない状態になり、うつ手立ても無いと思っていましたが、最後の悪あがきと思い、超低脂肪食にし、病院も変え、藁にもすがる思いでいた所、段々元気になり、今は貧血も血小板も改善され、アルブミンも3.4にまで上がり、ステロイドも免疫抑制量から1/4を1日置きに減らした状態で維持出来ています。やはり、超低脂肪食が良かったのだと思います。ただ、長くは続けられない食事という事で、どうしたものかと色々探している時にこちらに辿りつきました。今は超低脂肪食の他に病院で売っているペットフォームというアメリカ産のビタミンとミネラル含有サプリメントとカルシウム剤を食事に足しています。でも、獣医さんにはこれでも栄養は足りないと言われました。いずれは療法食と超低脂肪食を半々にしたらと言われています。この病気は日々の観察と食事管理、こまめな検査がとても重要だと感じています。そして、飼い主の勉強も。私はブログもしていませんので、こちらが一方的に拝見する形ですが、これからも参考にさせて頂きます!長文失礼致しました。
  1. 2015/02/07(土) 23:13:41 |
  2. URL |
  3. マロンママ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 参考にさせて頂きます!

マロンままさん

こんにちは。
ご訪問、コメント、ありがとうございます!!

マロンちゃん、一時は重態だったのですね。
回復して、本当に良かった!!!!

今、国内で超低脂肪食による犬のリンパ管拡張の治療や研究を積極的にされているのは
日大の亘教授のみかもしれません。
論文http://rieko1210.web.fc2.com/momo/20140806.pdfも昨年発表されています。
もし、今後回復が思わしくないときは関東在住でしたら日大で見ていただくことも良いかなぁと思います。

もも家は残念ながら九州在住ですので、ネット情報が頼みの綱です^^
亘教授も、超低脂肪食のみで生涯過ごせるものではないので、
低脂肪の療法食と手作りの超低脂肪食半々で維持することを勧められています。
フードを加えることは2度ほどトライしたのですが、やはりアルブミンが低下したり軟便になったりで
止めてしまいました。

今は、少しづつ栄養素を足して、こまめに検査して
良い状態を続けて
機会を見て、また、フードを加えることにもトライしたいと思っています。

ももも、たくさんの方々に助けられてきましたので
同じ病気で迷ったり、苦しんでいるワンコと飼い主さんたちの
少しでも力になれば。。と思ってます。

もし、良い情報や、経過など、時々教えていただければうれしいです!!!

こちらこそ、これからも宜しくお願いします☆
  1. 2015/02/08(日) 10:15:03 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

そうなんですね!

コメント有難うございます!
日大の亘先生が超低脂肪食推奨されてるんですね。実は、日獣大に行く少し前に超低脂肪食を食べさせていました。大学で先生には超低脂肪食は否定はされませんでしたが、フードを勧められました。その時、アルブミンとTP共に基準値内でしたが、その後から下がっていってしまった過程を考えてもフードの脂肪分が問題だったんだと思います。ですが、下がったアルブミンの数値は1.9でしたが、それで維持出来ていれば良しとしましょうと言う事でした。積極的治療というよりは、悪くなったら考えましょうと言うスタンスでした。ですが、ステロイドは2日間1/4ずつ飲んで、3日目にステロイド1/2飲むと言う、身体に負担をかける量(マロンは体重2.15kg)でした。この量を半年続けた結果、肝臓が腫れ、熱をもち、血液まで破壊してしまったというのが今回の末期騒ぎの原因と思います。私の勉強不足で、マロンに辛い思いをさせてしまいました。
又、長文になってしまいそうですが(汗)、
モモちゃんママの実践されている食事、サプリメント等、参考にさせて頂いて、マロンの回復に努めたいと思います‼️
  1. 2015/02/08(日) 13:36:46 |
  2. URL |
  3. マロンママ #-
  4. [ 編集 ]

Re: そうなんですね!

マロンママ様

ももは良かったり悪かったりですが、良いところだけ参考にしてくださいね。

リンパ管拡張症に良い治療法が見つかるまで
一緒にがんばりましょうね!!!
  1. 2015/02/09(月) 21:06:00 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rie1210.blog.fc2.com/tb.php/85-24784aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)