ヨーキーもも

長すぎた超低脂肪食

10月1日に外注検査に出していた上皮小体ホルモンの値が基準値を超えていると
主治医から電話をもらい
昨日相談に行ってきました

血液検査の結果
イオン化カルシウム 1.52(1.24-1.56)
インタクトPTH 43.3(8.0-35.0)

脂質不足によるビタミンDの吸収不良→カルシウム吸収不良→PHTホルモンの上昇→骨からカルシウムを取り出す→病的骨折などを起こす…となると怖い

カリフォルニア大学のスタンレーマークス先生が、蛋白漏出性腸炎のヨーキーは他の犬種より9.2倍低ビタミンD、低マグネシウムになりやすいと発表されていたlとおりです
http://rie1210.blog.fc2.com/blog-date-20140730.html

今少しずつ脂質を上げていたので、あと1週間待ってもう一度検査してみて、それでも異常値だったらビタミンD製剤をつかうことにしました

症状は、多飲多尿。薄いおしっこが多いです
正常のときがあったり、多飲多尿だったり
正常値と異常値を行ったりきたりしている感じです
危惧していたことですが
ついつい安定している状態を変えるのが怖くて
超低脂肪食を1年も続けてしまいました

10月8日は、すべての薬を切って1年でした
次の戦いが始まります

1008(640x480).jpg


皆既月食
写真にすると???
100801.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/10/09(木) 23:42:34|
  2. IBDやリンパ管拡張症の文献・情報など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<脂質を少しずつ上げて2週間 | ホーム | 超低脂肪食開始から1年>>

コメント

心配ですね…

ウチは、干しエビときくらげを私が咀嚼して与えると、カルシウムが7.3→11に上がり安心していたのですが甘かったでしょうか?
超低脂肪食に変えてからの事です。

悩みますね…


  1. 2014/10/11(土) 18:20:35 |
  2. URL |
  3. のり #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

のりさん

いつもありがとうございます^^

蘭ちゃん、カルシウムも正常値ですね☆

早い時期に対処していたのが効果的だったのかもしれませんね!!
今後、多飲多尿が起こってきたら副甲状腺機能が亢進しつつあるかもしれませんので、そのときは上皮小体ホルモンの検査を定期的にモニターしたら安心ですね

悩みますが、腸で栄養を吸収できない状態より
はるかに良い状態なので
まず、腸のことを考えて
あせりすぎないようにします
どうしても、ももの腸で吸収できないものがあったら
吸収できる形で、たとえば注射で摂取などの方法もあるでしょうから
現代の医学を信じて頑張ります

何より、とても元気です^^

蘭ちゃんも順調でうれしいです!!!

  1. 2014/10/11(土) 21:41:42 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

ももちゃん、良い結果に繋がるよう願ってます!
ももちゃんも、ももママもがんばれ!

るいもALBが安定してここまで順調だったから、なんとなくお気楽モードでした。
今回VBと葉酸と足りないことがわかって、楽観できないこと痛感してます。
今週は脂溶性Vを調べますがこれも低かったら、前回正常以下で安心してたPTHも再検査してもらうつもりです。
低脂肪食はこの病気には不可欠だけど、ホントに難しいんだなって。

心配性だから「大丈夫」て言ってもらいたくて、余分な検査をしてもらってるつもりなんだけど、なんか、いつも裏目に出てるような気がする・・・。
早期発見ってことで、よしとしようって思うしかないですよね・・・(;_;

変な言い方で申し訳ないけど、ももちゃんがるいよりも少し前も歩いていてくれるから、私はいろんな勉強させてもらえて、大事なところを見落とさないで済んでるんだなって思ってます。ホントにありがとう・・・m(_ _)m

これからが本当に戦いですね!
がんばりましょう!!!!!
  1. 2014/10/13(月) 08:02:18 |
  2. URL |
  3. ありあ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ありあさん
コメントありがとうございまーす!!
頑張ります!!!

るいちゃんは、早期に超低脂肪食に切り替えて慎重に進めているので、足りない脂溶性ビタミンやミネラルを補給しながら進めていけば大丈夫かなぁと思ってますよ^^

ALB,TPが低いうちは、サプリなど色々与えると、調子崩したりすることがあったので、ももはひとつずつ様子をみながら足していきました。
ビタミンB類、L-グルタミン大丈夫だったけど、カルシウムが難しかったかなぁ…吐いたり、吸収で出来なかったりしました。
るいちゃんもカルシウムは加えたほうがいいので、調子がいいときに合うサプリを探して少しずつ試していったらいいと思います。

PHTホルモンが上昇してくると、Caの値が上がってくるので、血液検査の見かけ上は「ca値は正常」ってなるけど、骨吸収が始まっているかもしれないので、超低脂肪食の期間は定期的に上皮小体ホルモンの検査をしたほうがよさそうです。
多飲多尿の症状も出るので、判りやすいです。
ももの場合は、PHTが5月、10.5→8月、15.1→10月、43.3と上昇しました。
この間カルシウムサプリも増やし、脂溶性ビタミンサプリも与えたのですが、追いつかなかったのでしょうね。

るいちゃんは早期発見でよしですよ!!
検査値の、るいちゃんの先生の説明をみると、とても判りやすいので、私もとっても参考にしています。

亘先生も、今度は脂溶性ビタミンの問題について研究されるようですので、発表を心持にしています。
解明されるまで、あの手、この手で頑張るよ~
愛するもものために^^

本当に、ネットのある時代で良かったと心から思っています。
たくさんの人に感謝しています。
  1. 2014/10/13(月) 09:56:10 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

とても素朴な疑問なんだけど
ビタミンDって食べ物由来で摂るのとサプリメントで摂るのでは
どちらが吸収しやすいのかしら?

前にももママがキクラゲをあげようとしてたときがあったでしょう?
あれはビタミンD補給のためだったんだよね?
キクラゲは消化はよくないけど
ごく少量でビタミンDが摂れるはずだから、加熱してミキサーにかけたキクラゲを試すのはアリかしら?

ミウちゃんが亘先生からだしてもらってたのは
アスパラギン酸カルシウムだったよね。

>亘先生も、今度は脂溶性ビタミンの問題について研究されるようですので、発表を心持にしています。

おお、亘先生素晴らしい。
脂溶性ビタミンをサプリで補う場合の適切な時期ってあるのかな。
ある程度ALBが安定してからとか。

ミウちゃんのブログには「かぼちゃはグレーゾーン」ってあったのが頭に残ってて
食べさせないほうがいいものがあるのなら知りたいと思ってます。
  1. 2014/10/13(月) 21:22:10 |
  2. URL |
  3. H∧Lママ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

H∧Lママ

コメントいつもありがとう~~

> とても素朴な疑問なんだけど
> ビタミンDって食べ物由来で摂るのとサプリメントで摂るのでは
> どちらが吸収しやすいのかしら?
吸収はどちらなのかなぁ…良くわかりません…

ビタミンDって小腸で脂質とともに吸収されて、肝臓、腎臓で活性型ミタミンDになり腸管からのカルシウムの吸収を促進させるみたい。
大事なのは、活性型ミタミンDだね。
ビタミンD3は体内でコレステロールからも作られるけど、コレステロールも低いので、不足しちゃうんだろうね~
ほとんどのビタミンなどは体内で作られるはずだよね。
でないと生物として欠陥だよね。
栄養素の事なんか考えて、捕食しているわけではないのだからね~
(私の勝手な持論)

> 前にももママがキクラゲをあげようとしてたときがあったでしょう?
> あれはビタミンD補給のためだったんだよね?
> キクラゲは消化はよくないけど
> ごく少量でビタミンDが摂れるはずだから、加熱してミキサーにかけたキクラゲを試すのはアリかしら?
そうそう、キクラゲも炒めたりしたら吸収よいかもしれないね。
難しく考えないでも、お腹壊さなければ、食べさせてみて結果良かったらよいかなぁと思うよ~

> ミウちゃんが亘先生からだしてもらってたのは
> アスパラギン酸カルシウムだったよね。
そう、アスパラギン酸カルシウム。
出してもらおうか悩んだけど、まずはサプリでって思っていた。
ももは体重も3kg未満で、薬になると、とっても与えるのが難しいなぁと思ったのね。
主治医も私も手探りだったので、まずは安全なものから使いたかった。

> 脂溶性ビタミンをサプリで補う場合の適切な時期ってあるのかな。
> ある程度ALBが安定してからとか。
亘先生は、超低脂肪食の初期から、カルシウムと脂溶性ビタミン、ミネラルの補給を勧められていたよね。
でも、ももの場合は炎症があるときとか、アルブミンが安定してないときは、サプリを導入するのは慎重にしないと難しかったなぁ。

> ミウちゃんのブログには「かぼちゃはグレーゾーン」ってあったのが頭に残ってて
そう、ずっとこのことが頭にあって、脂溶性ビタミンの多い野菜などは控えていたの。
ニンジンとか、小松菜とかね。
やはり、1品ずつ大丈夫か確認しながら食べさせてみるしかないのかなぁって思う。

さすがに、内分泌などの問題になると難しすぎるね(汗
ただ、ももはとっても元気で、少しずつ脂質も上げているので
サプリや薬の力を借りてあせらないでやっていこうって思ってます。

慎重すぎたせいで、遅すぎた対応になってしまったけどね~

一緒に頑張ってくれてありがとう!!!
心強く思ってます!!!
  1. 2014/10/13(月) 22:31:22 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

あれから考えて、ビタミンD補給はなにもキクラゲじゃなくてもいいんだと気付いたの。
今読んでる2冊の本に「ビタミンD製剤よりもイワシを与えればよい」と書いてあって
確かに魚にもビタミンDはたっぷり含まれている。

あと魚油の効果は証明されてないので
魚で与えるべきというのもあったので
またはミナミマグロなど脂質の低い魚を少量足してみるのはどうかな。

肉を完全に魚に置き換えるのはほかの栄養素の過剰摂取が気になるので
たんぱく質のメインは今まで通り肉で、
魚はビタミンD、リン、カリウム、ナトリウムが過剰にならない量を入れるのではどうかな。
これならビタミンD中毒もおきないと思うし。
  1. 2014/10/14(火) 07:24:44 |
  2. URL |
  3. H∧Lママ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

H∧Lママ

ありがとう^ ^

ビタミンD問題、魚が一番とりいれやすいね‼︎

今は、数字から見たら充分摂っているけど、脂質不足が問題‥
何とか、薬に頼らずいきたいなっておもってます^ ^

心配してくれて、ありがと〜♡
愛するもものために、そしてこのブログ読んで超低脂肪食にしているワンコのためにも、いい結果に繋げたいです〜
  1. 2014/10/14(火) 09:41:23 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rie1210.blog.fc2.com/tb.php/68-92673983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)