ヨーキーもも

不安は募る 4月22日

心なしか、ももの元気がなさそうに見えたりして
とうとう心配で一睡も出来ず
引越前にかかりつけだった動物病院へ
「引越先の近所の動物病院で血液検査をして結果が悪く、相談したい」と伝えると
快く応じてくださり
検査結果だけ見たところでは
「蛋白浸出性腎症」の可能性があること
投薬治療可能だが、予後1-2年ほど
その他腸や肝臓の可能性もあること
など聞いた

予後・・・

レントゲン、超音波、尿検査はすぐ出来るとの事だったのでお願いした

結果は
レントゲン、超音波とも消化器系に異常は見当たらないし
尿中にも蛋白は+-程度とほぼ正常
比重も1.046と優秀

腎症の可能性はないとの事

腸管も超音波で詳しく見たけれど異常はない
後は栄養問題かもしれないので
1ヶ月ヒルズの療養食で管理して
再度血液検査をすることに

夕食からフード開始

いつもの倍以上の量でももは喜んで完食した


DSC_0290 (360x640)



スポンサーサイト
  1. 2013/04/22(月) 22:29:51|
  2. ももの病理診断まで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月23日 ヒルズ プリスクリプション ダイエットw/d | ホーム | 誕生日に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rie1210.blog.fc2.com/tb.php/2-20eb449a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)