ヨーキーもも

IBDについてわかりやすいレポート

IBDの情報がほしくて
毎日、WEBで検索
北海道大学による「犬の炎症性腸疾患の診断と治療」というレポートが公開されていた
MPアグロジャーナル

ももの場合は
嘔吐、下痢といった症状がまったくなく、アルブミンの低下(1.9g/dL)のみ
IBDの診断にはまだ疑問がある

リンパ管拡張症ではありうる症例のようだけど
病理結果はIBDの疑い

色々振り返ってみると
異変がいくつかあった

1.パンが大好きだけど食べると軟便や嘔吐があった→グルテン過敏?
2.生食(冷凍の野菜等ミックスされた犬用生食)だったが、豚を食べていた頃夜中に数回嘔吐した→豚にアレルギーか細菌感染?
3.父がえびせんを大量に食べさせた→甲殻類アレルギー
4.夫実家でねずみ駆除剤を多分1粒か2粒食べてしまった→薬剤による影響

吐いたり軟便があったりしても、翌日には食欲も戻り改善していたので
異変とは感じなかった…

その都度受診するべきだった

DSC_0228 (640x360)
スポンサーサイト
  1. 2013/05/14(火) 11:58:15|
  2. IBDやリンパ管拡張症の文献・情報など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生検後初めての血液検査 | ホーム | 必要エネルギー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rie1210.blog.fc2.com/tb.php/17-ac98ffff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)