ヨーキーもも

このまま、このまま…安定よ続いておくれ~

3月23日 ※オゾン注腸13回目
検査結果
 ALB 2.8(2.3-3.6)
 TP 5.6(5.0-7.0)
 Tcho 83(111-312)
 Ca 9.7(9.3-12.1)
 イオン化Ca 1.20 (1.0-1.5)

ごはん
3月3日~3月12日
 ささみ 40g
 白米 50g
 サツマイモ 30g
 スペシフィックCRD-1 18g
 消化器サポート低脂肪ドライ 7g
約245.7kcal 脂質1.9g(2.99%) 蛋白質17.7g(27%)

3月13日~3月23日
 ささみ 40g
 白米 50g
 サツマイモ 30g
 スペシフィックCRD-1 18g
 ヒルズi/d LowFat 6g
約241.5kcal 脂質1.9g(2.99%) 蛋白質17.7g(27%)
 
サプリメント
3月3日~3月23日
 ビタミンK2
 ビタミンD3
 ビタミンC
 カルシウムサプリメント
 マルチビタミン&ミネラル
 L-グルタミン
 ふりかけわん
 強力わかもと
 ミヤリサン(錠)
 ジェントルダイジェスト 

投薬
 プレドニゾロン 1.25mg/5日

※体重3.1kg
※一日4回食です(早朝、朝、夕方、夜)

3週間検査を空けたのは、今の病院に通い出して初めてだったかもしれない。
安定は続いていると見ていいのかな~
ただ、ちょっと気がかりなことが…
3週間のうち3回便に血液付着が見られました。
なんだろうなぁ。。。
フードも、消化器サポート低脂肪をヒルズi/d LowFatに変えてみたり…でも変わらずでした。

主治医が、この病気の研修などに参加する機会が多くなり、研究されている先生方によって新しい投薬方法や情報も様々との感想を聞かせてくださいました。治療のアプローチも、アレルギー除去食であったり、免疫抑制であったり、抗がん剤であったり、超低脂肪食であったり。混乱を感じると…。
獣医さんの立場から考えると、超低脂肪手作り食を飼い主に勧めて果たして受け入れてもらえるか?徹底的にやり遂げてもらえるか?疑問…みたいです。
提案だけでもしてもらえれば、受け入れるかどうかは飼い主の問題なので、今よりは「リンパ管拡張症」での生存期間は延びると思うなぁ。
栄養問題もあるけれど、その前に効果があるか試す。生きていなければ、栄養問題どころではないものね。
効果があれば、徹底的に超低脂肪で管理する。効果がなければ止める。
数値が安定してきたら、ステロイドを慎重に減薬する。
最低限追加すべき栄養素として、カルシウム、ビタミンB群、ビタミンD
ステロイド減薬しても数値が安定したら、少しずつ低脂肪フードを足して栄養を補う。
ずいぶん遠回りしたけど、この5段階が大事かな。
リンパ管拡張症治療についてのガイドブックあればいいね。

「リンパ管拡張症」って内視鏡の画像は良く見るけれど、外科的に見ることは少ないので
この画像は貴重
http://pal-animal.com/cate-blog/%E8%85%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91%E7%AE%A1%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E7%97%87/
ももは、腹腔鏡だったので、こんな拡張したリンパ管がいくつかありました。
拡張したリンパ管は、少しの脂肪でさらに拡張してしまい、脂肪や蛋白質が漏れて、肉芽などをつくり破綻していきます。
低脂肪は必須です。
薬だけでは治りませんよ。。。治る病気ではないですけど。。。

2803234.jpg
フードの保存をまじめに考えました!!

2803233.jpg

2803231.jpg
今日の福岡。桜はまだでした(笑

2803236.jpg
久留米の水天宮 安定して欲しい件がもう一つ…で、神頼みです。



スポンサーサイト
  1. 2016/03/24(木) 00:11:32|
  2. ⑩ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<不調のサイン? | ホーム | 春はそこまでですね>>

コメント

安定で、胸を撫で下ろしました🙆

安定が続いていて、良かったです~❕❕
ももちゃんの笑顔が保たれて、安心❤
生きていなきゃ、栄養状態の心配も出来ないし、とりあえず試してみなきゃ❗ですね⤴⤴
治る病気ではないけど、安定させることはできるはず❕❕
ママさん、頑張って下さいね❗

我が家の天ちゃん、CT検査したんですが、問題が見つからず…様子を見ることになりました。
  1. 2016/03/24(木) 00:39:52 |
  2. URL |
  3. 姫ママ #oIJ9PM4s
  4. [ 編集 ]

安定してますね!ぱちぱちぱち
安定に大きく貢献してるのはなんだろう???

フードの保存のこれ、すごいですね。
真空保存するためのもの?
よさそうです。

先生、勉強熱心でうらやましいです。
そうなんですね、今は混乱してるんですね。。。
アレルギー除去食も免疫抑制剤も抗がん剤もうちもやったけど
それと超低脂肪食は両立できるので、ぜひこういうやり方もありますよと
飼い主さんにヒントをあげてほしいです。

あれこれ悩むよりは手作りご飯という方向が見えたほうが
飼い主さんにとってはずいぶん楽になると思うんです。


  1. 2016/03/24(木) 09:01:43 |
  2. URL |
  3. H∧Lママ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 安定で、胸を撫で下ろしました🙆

姫ママ

検査が3週間空くので、更新も3週間空いてしまって~(^_^;)
いつも気にかけてくれて、ありがとうございます!!

気になることもあるけれど、食べるものをあまり変更せず、この安定を保ちたい!!!!
と思いながら、何かが間違ってるのではないか??と常に迷ってます~

天ちゃん、CTで問題が見つからず…でしたね。
ひとまず、大きな問題はなかったということですね。
同じ犬腫のパピヨンちゃんで、同じようにアルブミンがやや低い状態が続いているお友達がいます。
参考になるかもしれませんので
http://ameblo.jp/p-kidori/entry-12125855707.html
のぞいてみてください(*^_^*)
  1. 2016/03/24(木) 11:30:16 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

HΛLママ

安定に貢献しているのは???
今感じているのは、
ビタミンKを始めたこと。
急変のあと、しっかりステロイドで炎症を抑えてから、少量のステロイドを継続していること。
脂質は常に3%切っていること。
かなぁ~
確信はないのです(^_^;)
これが解ればすぐみんなに教えたいけど…

フードの保存は深刻な問題で、もものようにチビで少量しかフードを使わないワンコにとって最低2kgパッケージのフードは3か月以上保存するので気がかりで。。。
これから暖かくなると益々心配。。。
これはフード用で、800gくらい保存できます。
使いやすいけど、丸いので収納スペースはちょっと必要かな~

蛋白漏出性腸症って言っても、ワンコによって原因も状態も様々で、どの治療に反応するかやってみないとわかないものね。
可能な治療方法とリスクをできるだけ提示してもらえて、飼い主が選択し、飼い主も治療に責任を持てば、同じ方向を向いて治療がすすめられるだろうなぁ…と思う。
人でも現代は治療方法も自分で選ぶ時代だもの。
どうしたらいいか暗闇の中で迷っている状態の中、ヒントもらえたら頑張れるよね!!


  1. 2016/03/24(木) 12:25:20 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/03/28(月) 22:36:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: リンパ管拡張症

〇〇さん

こんばんは。
安定していて、数値も良いですね!!
もものお薬は、ステロイド1.25mgを5日に一回飲ませていて、他には飲んでいません。
お互い焦らずに頑張りましょうね。
いつでも応援していますからね!!!
  1. 2016/03/28(月) 23:21:39 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rie1210.blog.fc2.com/tb.php/135-bf3cbd7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)