ヨーキーもも

炎症性腸疾患の犬の治療に対する同種脂肪組織由来間葉系幹細胞の安全性と効果について:臨床的および検査の結果

炎症性腸疾患の犬に対して間葉系幹細胞を静脈注射で投与する研究が始まっています。
新しい治療法の研究は進んでいます!!!

■炎症性腸疾患の犬の治療に対する同種脂肪組織由来間葉系幹細胞の安全性と効果について:臨床的および検査の結果

以下転載




炎症性腸疾患の犬の治療に対する同種脂肪組織由来間葉系幹細胞の安全性と効果について:臨床的および検査の結果

Safety and efficacy of allogeneic adipose tissue-derived mesenchymal stem cells for treatment of dogs with inflammatory bowel disease: Clinical and laboratory outcomes.
Vet J. 2015 Aug 7. pii: S1090-0233(15)00327-5. doi: 10.1016/j.tvjl.2015.08.003.
Perez-Merino EM, Uson-Casaus JM, Zaragoza-Bayle C, Duque-Carrasco J, Marinas-Pardo L, Hermida-Prieto M, Barrera-Chacon R, Gualtieri M.

間葉系幹細胞(MSCs)は、実験的な結腸炎において免疫調節および抗炎症効果が証明されており、クローン病と潰瘍性大腸炎の人において臨床的な効果が期待されている。

本研究の目的は、炎症性腸疾患 (IBD)の犬において脂肪組織由来MSC (ASC)療法の安全性と実現可能性を明らかにすることである。

IBDと確定診断された11頭の犬に対して、ASC(2x10^6 cells/kg)を1回静脈内投与した。結果の評価は、治療開始後42日の時点において、C反応性蛋白(CRP)、アルブミン、葉酸、コバラミン濃度の正常化だけではなく、有用な臨床的炎症性腸疾患活動指標 (CIBDAI)と犬慢性腸症臨床活動性インデックス(CCECAI)がどの程度減少するかという点についての臨床的な反応であった。治療の前後においての変化を比較するのにはWilcoxon試験を用いた。

経過観察している間に、ASC投与に対する急性の反応もなく副作用が認められた犬もいなかった。治療6週後において、CIBDAIとCCECAIは有意に減少し、アルブミン、コバラミン、葉酸濃度も実質増加した。治療前後におけるCRP濃度の減少は有意ではなかった(P=0.050)。42日の時点で、11頭中9頭において臨床的な寛解(最初のCIBDAIおよびCCECAIが75% 以上減少することと定義する)が得られた。残りの2頭の犬は、69.2%と71.4%の減少率で部分反応を示した。

結果として、同種ASCの単回IV投与は耐容性があり、重度のIBDの犬において臨床的な恩恵があるようにみえた。(Dr.Taku訳)




また、獣医療の雑誌「CAP 2015年11月号」に「どう攻める? 犬の蛋白漏出性腸症」と題して特集が組まれています。
日大の亘敏広先生はじめ、福島健次郎先生、大野耕一先生、中島亘先生が最新の情報を寄稿されています。
興味のある方は、ご一読されても良いですね。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/16(月) 12:57:37|
  2. IBDやリンパ管拡張症の文献・情報など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<総コレステロールがっ!!!これで大丈夫なんだろうか?? | ホーム | 脂質吸収しないのね。>>

コメント

ももママ、おはようございます。

おおお!!!
すごい!!!!!

これって、再生医療の一種になるんだよね!?
ってことは本人の細胞を採取して分離して増やして戻すことになるのかな?
それとも、本人のでなくても大丈夫なものなんだろうか?
ちと、調べてみようっとw


医療の進歩は目覚ましいけど、動物の臨床医療に取り入れられるには時間がかかるよね・・・(;_;
ちょっとづつでもこういう研究、地道に続けてもらいたい・・・。
iPS細胞の研究なんてほんとにいろんな可能性秘めてるけど、動物の医療にまで使ってもらえるのなんて、うーーーーんと先なんだろうし・・・
大金持ちになったら、ぜったい研究所建ててやる(笑

とはいえ、ちょっとづつでも、進歩してくのはうれしいね!
  1. 2015/11/17(火) 07:08:46 |
  2. URL |
  3. ありあ@あっきぃ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ありささん

コメントありがとう~
そうなんです。再生医療!!!
この病気の場合は、自己細胞ではなくて、同種からの細胞のようです。
画期的~って思っていろいろ調べたら、整形分野のヘルニアなどではもう使われている技術のようですよ!!!
人のクローン病などでは10年前くらいから取り入れられているようです。
色々な病気に応用でき、自己免疫疾患も含んでいます。
治験もやているみたい~(脊損と肝疾患分野で)
http://www.medibic.com/animalstemcell/service/index.html#anc02
人よりも、動物のほうが新しい技術は取り入れられるのが早いのかもしれないね。
いつの日か、この技術で重度のIBDが寛解できる日は近いかもよ!!!

大金持ちになったら!!!(^O^)/
  1. 2015/11/17(火) 12:31:18 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

再生医療!すごいね。
でも今は、いい状態に戻る事に集中。
  1. 2015/11/17(火) 21:51:21 |
  2. URL |
  3. masshy85 #brXp5Gdo
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アニスママ

そうです!!今はいい状態に戻り維持できることに集中です。お互いに!!
この治療法が現実化して、近い将来IBDのワンコや飼い主さんたちの苦しみがすこしでも減ったらいいですね~
期待しちゃいます!!
  1. 2015/11/18(水) 08:53:39 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

初めまして

PLE DOGS FORUMのサイトよりお邪魔させて頂きました。
まる子のとおちゃんと申します。
どうぞ宜しくお願いいたします。
 実は以前より、色々参考&勉強させて頂いておりましたが、
ご挨拶もせず、失礼いたしました。
 何はともあれ、ワンコも家族も、苦しみ悲しみが、
少しでも減らせられるのであれば、
素晴らしい事だと思います。

  1. 2015/11/18(水) 12:10:18 |
  2. URL |
  3. まる子のとおちゃん #L6BDf4Ek
  4. [ 編集 ]

Re: 初めまして

まる子のとおちゃん

ご訪問、コメントありがとうございます!!!
私も時々読み逃げしておりました~
こちらこそご挨拶が遅れました(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。
まる子ちゃんはとても経過が良く参考になります!!

ももが病気になったころはほとんど情報がなく、良くなったワンコはいないものかと一晩中ググり続ける日々でしたが、最近はこの病気の闘病ブログを書いている飼い主さんたちも多く、皆さんの参考になっているなぁ~と嬉しいです。
一日も早く、病気の解明が進んで、この病気で苦しむワンコや飼い主さんたちの助けになることを心待ちにしています!!

  1. 2015/11/18(水) 14:25:42 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rie1210.blog.fc2.com/tb.php/116-a7e7d50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)