ヨーキーもも

慢性腸症の犬におけるビタミンDの状態と臨床転帰の関係

ビタミンDと慢性腸症の関係について、論文が発表されました。
原文は英文なので、読むのは大変ですね…

慢性腸症の犬におけるビタミンDの状態と臨床転帰の関係

以下転載


■慢性腸症の犬におけるビタミンDの状態と臨床転帰の関係
Association of Vitamin D Status and Clinical Outcome in Dogs with a Chronic Enteropathy.
J Vet Intern Med. 2015 Aug 26. doi: 10.1111/jvim.13603.
Titmarsh H, Gow AG, Kilpatrick S, Sinclair J, Hill T, Milne E, Philbey A, Berry J, Handel I, Mellanby RJ.

背景 慢性腸症 (CE)の犬は、健常犬よりもビタミンDがより低い。ビタミンDは、炎症性腸疾患の人において臨床的に負の転帰と関連している。

目的 CEの犬において診断時の血清25ヒドロキシビタミンD (25(OH)D)濃度と臨床的な転帰の関連を明らかにすること。

動物 2007年から2013年の間にRoyal Dick School of Veterinary Studies, Hospital for Small Animalsに来院したCEと診断された41頭の犬

方法 回顧的研究。血清25(OH)D濃度を、追跡期間に生きている犬、CEとは関係のない理由で死亡した犬(生存犬)、CEによって死亡したか安楽死した犬(非生存犬)の間で比較した。ロジスティック回帰分析によってCEの犬の有意な死亡予測因子を決定した。

結果 CEと診断された時点での血清25(OH)D濃度は、非生存犬(15頭)において有意に低かった(非生存犬の中央値 4.36 ng/ml, 四分位値 1.6-17.0 ng/ml、生存犬(26頭)の中央値 24.9ng/ml, 四分位値15.63-39.45 ng/ml, p<0.001)。血清25(OH)D濃度は、CEの犬における死亡予測因子として有意であった(オッズ比 1.08 [95%信頼区間 1.02-1.18])。

結論 診断時の血清25(OH)D濃度は、CEの犬の転帰の予測因子である。犬の慢性腸症が起こることとその結果へのビタミンDの役割については今後の研究が期待される。(Dr.Taku訳)

スポンサーサイト
  1. 2015/09/02(水) 14:48:58|
  2. IBDやリンパ管拡張症の文献・情報など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ステロイド年間投与積算量はどれくらいまで安全? | ホーム | 夏の終わりにドキドキ、ビクビク、バタバタ>>

コメント

足のせいなのか、脳のせいなのかって不安になっちゃうね・・・(;_;
とりあえず、足でよかった?のかな(^^;
ホントは何もないのがいちばんだけど・・・ねぇ。

ももママ、タイムリーすぎる!!!
昨日先生とビタミンDの話ししてたとこだよ(^^

るいは、ここ数日、嘔吐するので調子よくないみたい・・・(;_;
数値は前回とほぼ変らずで。。。
やっぱりカリカリのせいで炎症が悪化したみたいだよ・・・
難しいね・・・
  1. 2015/09/05(土) 10:48:10 |
  2. URL |
  3. ありあ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ありあさん、こんにちは^^

> 足のせいなのか、脳のせいなのかって不安になっちゃうね・・・(;_;
そうなのよ~、トラウマです。
ちょっとの異変も放置すると手遅れになるかも??ってインプットされちゃって……。
ドキドキしちゃいます。

ビタミンDね!!!
近年、とっても研究されていて、人においての研究は盛んだけど、ワンコの研究も進んできたのかも~

活性型ではない、ビタミンDなんだよね~

英文自動翻訳駆使して読んでいる途中…
予後が悪かったワンコは、血清ヒドロキシビタミンDの濃度が低かったと言う結果だよね。
で、人では、IBDやクローン病の治療にビタミンD投与がされ始め、効果が出てきている…
ワンコは25(OH)D検査できないんだもんね…
悔しいよ~

フードを混ぜるのは勇気いるよね。
今、ももは「ステロイドも併用しているから大丈夫かな??」って
少し気が楽かな。

るいちゃん嘔吐かぁ
心配だけど、数値は下がってないってことは安心材料だよね。

難しいね。
心揺れるよね。

力になれることあったら言ってね!!
  1. 2015/09/05(土) 14:23:53 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

姫ママ

いつもありがとうございます!!
血便って、健康なワンコにたま~に起こってても様子見てみようか……ってなるんだけど
持病が腸炎なのであわてますよね。
急変は怖いですから…

今回は、その後異変なく良かったです!!

ビタミンD、今たくさん研究されていますね。
姫ちゃんはどうだったんだろうね…
まだ、日本ではワンコの血中ビタミンDの濃度は検査できないので、
早く検査できるようになって欲しいなぁ~
とても大事なことなのになぁ~

腸炎の発症にも関係するのか…今後の発表が楽しみです。

こうして日々科学も医学も進歩していると思うと
ガンバロー!!!って
意欲わきます!!!
  1. 2015/09/06(日) 18:24:41 |
  2. URL |
  3. ヨーキーもも #-
  4. [ 編集 ]

間違って…😭⤵⤵

コメントを消してしまいました😵💦

医学の新歩は日進月歩。
私達も、追い付けるように勉強しなくっちゃ!ですよね。
  1. 2015/09/07(月) 22:49:40 |
  2. URL |
  3. 姫ママ #oIJ9PM4s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rie1210.blog.fc2.com/tb.php/110-0b8be244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)