ヨーキーもも

超低脂肪食(ULF)について~2014年8月6日の記事の追加部分~

2015年7月27日

2014年8月6日の記事
「腸リンパ拡張症の犬の治療における食物脂肪制限の臨床有効性」の日本語訳を紹介していますが、この文中で紹介されているのは鶏胸肉ですが、実際治療で使われているのは、鶏ささ身です(先日開催された日本ペット栄養学界大会の講演で”ささみ”と紹介されていました)

また、この論文中の超低脂肪食(ULF)の鶏ささ身とじゃがいもの配分、1:2と言うのはカロリー比のようです。
必要カロリーが300kcalであるならば、100kcalをささみ:200kcalをじゃがいもとします
ささみは100gで105kcalですので、100÷105×100≒95~96g
じゃがいもは100g当り75kcalですので、100÷75×200≒267g
です。

必要かカロリーは
健康で去勢、避妊済成犬で、[70+(30×体重)×1.6] くらいです
スポンサーサイト
  1. 2015/07/27(月) 22:40:16|
  2. IBDやリンパ管拡張症の文献・情報など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<想定外 | ホーム | 恐るべし、ULF(超低脂肪食)!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rie1210.blog.fc2.com/tb.php/103-6581cf4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)