ヨーキーもも

夫の母

ももの経過のみを記録するためのブログですが。。。
モヤモヤを綴ります。

隣の県で一人暮らしの夫の母が重度の認知症です。

昨年、夫の父が十数年間の闘病の末亡くなりましたが、
父も認知症でした。
初めて診断されたころは、まだ「認知症」という病名はなく「痴呆症」といわれていました。
私は病院の対応にとても不信感をもち情報を集めましたが、
得た知識は家族を救うには至りませんでした。
長い間みんな苦しみ、父は逝きました。

父を送った後、夫の母は明らかに認知度が低下し、
ほとんど会話が成立せず、同じ話を何度も繰り返すようになりました。
年明け頃から、唐突に感情の伴わない笑い声を発するように。。。
春頃には、通っているデイサービスのボードに、自分が死亡する日にちが書かれていると
何度も何度も、どこへ行っても誰にでも訴えるようになりました。
ただし、簡単な買い物は出来、歩行も大丈夫。記憶もほぼあります。
失語がありそうです。
5月には、ケアマネさん、PTさん、STさんが訪問され、
施設で長谷川式やFABテストを行った結果と、母の状態が一人暮らしに耐えられないのではと説明されました。

夫には母の家から10分ほどの距離に住む姉がおり
姉は緊急性を感じて、すぐに最寄りの老年科のある心療内科に母を受診させました。
そこでは、認知症が進んでおり一人暮らしを続けるのは無理だろうとの診断だったらしいです。
脳の画像診断など客観的に診断できる検査はしていません。

母は症状から、多分、前頭葉症状を伴うレビー小体認知症だろうと思われますが、
そのクリニックからは、レビー小体認知症には処方すべきでないと言われ始めているドネペジルが処方されました。
ドネペジルは症状を悪化させる可能性があることは、姉にも夫にも伝えましたが、
医者の指示を優先することになりました。
処方量は3mgから5mgへと増量されて、死にまつわる妄想が止まらなくなり
ここ1週間ほどは、息子である夫が死んだと思い込み、ほぼ毎日電話をかけてきます。
「○○ね?」と本人を確かめて終わり、また翌日も繰り返します。
今日は、夫と夫の姉の遺影があると言い出しました。

医療の常識は日々覆されていますが、
世の中には、納得いかない診断や治療方法であっても、お医者様は常に正しいと思っている善人が多いのです。
「このお薬は、この病気には使わないほうが良いとの情報を見ました」と言ったら、ムッとされて「もう当院へは来ないで」とでも言われるのは怖いのです。

介護は、主にお世話をする主介護者の意見を尊重し、他の者は手助けをするが口出しはするべきでないと思っていますし、
方向性を変えても、責任が取れないことも事実ですが、
それは母の残された人生の質を守るより重要なのか?
モヤモヤです。
命は重いので、悩むのです。

夫の父は晩年は施設と病院を行ったり来たりでしたが、
十数年に及ぶ介護を母は頑張ってくれました。
母には少しでも気持ちよく暮らしてほしいと思っています。

母は、今年の母の日に私がプレゼントした帽子をいつもかぶってくれています。
「帽子似合っているよ」と言うと、私の名前は出てこないのですが「あなたがくれた」と言います。

グループホームへの入所を検討していますが、どうなるのか。。。
夫とともに、より良い方向へ導けたらと思います。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/03(月) 00:16:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6