ヨーキーもも

元気で待っていてくれて良かった。。。

9月28日
検査結果
 ALB 2.9 (2.3-3.6)
 TP  5.8(5.0-7.0)
 Tcho  89(111-312)
 Ca  9.5(9.3-12.1)
 イオン化Ca 1.08 (1.0-1.5)

ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)

9月16日~9月24日
 ささみ 35g(生35gを茹でたもの)
 白米 55g(炊いたご飯55g)
 サツマイモ 35g(茹でたサツマイモ35g)
 約2174.6kcal 脂質0.5g(1.21%) 蛋白質9.8g(23%) 

9月25日~9月28日
 ささみ 50g(生50gを茹でたもの)
 白米 60g(炊いたご飯60g)
 サツマイモ 40g(茹でたサツマイモ40g)
 約205.3kcal 脂質0.7g(1.32%) 蛋白質13.5g(27%) 

サプリメント
 L-グルタミン(9/23~)
 強力ワカモト(9/23~)
 ふりかけわん(9/23~)
 ミヤリサン(9/22~)
 
投薬
 プレドニゾロン 2.5mg/1日(9/16~9/18)
          1.25mg/1日(9/19~9/20)
          1.25mg/5日(9/21~)
 カルシウム(9/22~9/28)
 胃腸薬(9/16~9/18)

9月16日も通院し、体調の回復を確認できたのでステロイドは飲み薬となり、点滴もなし。
ホッとして帰宅しましたが、9月17日かねてから入院中の義父の容態が悪化し、車で約2時間かけて義理父が入院している病院へ。

その日は夜帰宅しましたが、9月18日朝から再び義父の病院へ。
もものことを気にしながら病院に泊まり込み、義父の容態を見守りました。
翌9月19日、義父は長い闘病生活の末眠るようにひっそりとこの世を去りました。

その後葬儀などで家へ帰れず。
その間娘たちがもものお世話をしてくれました。
留守の間、水を全く飲まなかったそうです。
夜、私のベットで娘が休むと、やっとももも傍で眠り、、、「眠ったな。。」と思いそっと自分の部屋に戻ろうとしたら、ターーーッツと走って追いかけてきたので、娘は諦めて朝まで私のベットで寝たそうです。

21日の夜やっと帰宅したら、いつものももが迎えてくれて。。。良かった。

今後も手続きや法事などで大変ですが、気がかりだったことは一つ過ぎ去りました。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/28(水) 23:00:00|
  2. ⑪ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

急性胃腸炎②

9月15日
検査結果
 ALB 2.4 (2.3-3.6)
 TP  4.9(5.0-7.0)
 イオン化Ca 0.99 (1.0-1.5)
 Lip 58(10-160)
 CRP 1.8(<0.7)

朝から水を与えはじめて吐かなかったので、ご飯を通常の40%位与え始めました。
ささみ 17g
白米 28g
サツマイモ 17g

食欲はあり、勢いよく完食するも
ご飯を食べたあとは少し気分悪そう(>_<)

検査結果でアルブミン低下とCRPがやや上昇しているので
この日も皮下点滴とステロイド注射となりました。
エコーでやはり腹膜周辺が白っぽい。
小腸粘膜も一部が白っぽい。

皮下点滴のあと、とても落ち着かない様子になる。
「不安で落ち着かない感じ」
気持ち悪いのかなぁ。。。

16日も通院の予定。
  1. 2016/09/16(金) 13:17:37|
  2. ⑪ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

蚤(*_*)そして急性胃腸炎。やっぱり夏は苦手です。

膀胱炎もやっと治まり、お薬も飲み終えた頃
やっと涼しくなり、エアコンなしでも過ごせる日が増えて
何とか夏を乗り切れた!!!と思っていたら。。。

9月11日
朝、リビングのひざ掛けフリースの上で黒いゴマのようなもの発見。
埃?取ってみたら、ノミ(*_*)
日曜日で空いている動物病院を探して
処置をしてもらい、その日はもものベットなど洗濯して掃除して、その後ノミは発見されずホッ(^_^;)

9月13日
夜まで普通にご飯食べて、散歩でまぁまぁのウンチもして眠ったのに

9月14日
午前1:30
 やや軟らかめのウンチ、夜中にウンチはよくないことが始まるかも、、、と思い様子を気にしていたら

午前02:18 嘔吐2回 残渣物あり
2809140218.jpg

午前3:24 数回嘔吐 良く見ると血液が混ざっている
2809140324.jpg

午前4:17 血液の混ざった腸液?のあと、細い形のある小指先~小指大の軟便を6か所くらい
2809140417.jpg

午前4:58 血液の混ざった胃液を数回嘔吐
2809140458.jpg

午前7:05 血液の混ざった少量の胃液を嘔吐
2809140705.jpg
 
その後病院へ向かう車中でも少量嘔吐

症状から、膵炎も否定できないのでエコーと血液検査
腹膜周辺やや白っぽく炎症。
十二指腸の動き悪く、小腸粘膜も白っぽく炎症。
膵炎やリンパ管拡張悪化の可能性もあり血液検査の結果を待つことに。

血液検査の結果
ALB 2.6
TP 5.5
WBC 8500
Lip(リパーゼ) 75
CRP 0.7
どれも正常値で、急性胃腸炎の診断となり
プリンペラン、タガメット、ビタミン剤の皮下点滴とステロイド注射の処置でした。
一日絶飲食だったので、後をついて回り「ご飯ください!!」攻撃でした。

今日は朝から少しご飯を食べ始めました。
夕方にはもう一度受診します。

ここ最近のトラブル・不調、負の連鎖かなぁ。。。

どうか、このまま収まりますように!!!
  1. 2016/09/15(木) 12:51:48|
  2. ⑪ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

膀胱炎~その後

9月7日
検査結果
 ALB 2.4 (2.3-3.6)
 TP  5.2(5.0-7.0)
 Tcho  81(111-312)
 Ca  9.5(9.3-12.1)
 イオン化Ca 1.07 (1.0-1.5)

ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)
9月1日~9月7日
 ささみ 35g(生30gを茹でたもの)
 白米 55g(炊いたご飯60g)
 サツマイモ 35g(茹でたサツマイモ35g)
 スペシフィックCRD-1 14g
 約218.6kcal 脂質1.2g(2.15%) 蛋白質14g(24%) 

サプリメント
 L-グルタミン
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 カルシウム
 ミヤリサン
 ビタミンD3
 ビタミンK2
 ビタミンC
 マルチビタミン&ミネラル
 
投薬
 プレドニゾロン 1.25mg/5日(8/27~)
 アモキシシリン (1/4錠×2)/日

抗生剤飲ませて1週間後の尿検査では血液も細菌も検出されませんでした(^^)
白血球の値も基準値内になり、炎症は治まったようです。
アルブミンは↓ですが。。。。(>_<)
脂溶性ビタミン注射ができないとなると、今の脂質割合は維持したいところです。
ここから下がるのか、このあたりで落ち着くのか、もう少し様子を見てみます。

ももの主治医担当の同じ病気のヨーキーちゃんは、脂溶性ビタミン注射OKだったそうです!!!
どうやら、ももは特殊なようです^^;
超低脂肪手作食でアルブミンも上昇し、この注射で上皮小体亢進を防げたら管理しやすいですね☆
焦らずに続けられますね。

台風が過ぎ、少し涼しくなり、ワンコにも快適な季節はすぐそこですね☆
気持ちいい散歩したいよ~

スネ(私のではありません‼︎)を枕に寛ぎ中


またまた虹〜
  1. 2016/09/08(木) 20:15:00|
  2. ⑪ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今度は膀胱炎(>_<)

9月1日
検査結果
 ALB2.6 (2.3-3.6)
 TP5.0 (5.0-7.0)
 Tcho74 (111-312)
 Ca9.6 (9.3-12.1)
 イオン化Ca1.13 (1.0-1.5)
 BUN23(9.2-29.2)
 CRE0.9(0.4-1.4)

ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)
8月25日~8月31日
 ささみ 35g(生30gを茹でたもの)
 白米 55g(炊いたご飯60g)
 サツマイモ 35g(茹でたサツマイモ35g)
 スペシフィックCRD-1 14g
 約218.6kcal 脂質1.2g(2.15%) 蛋白質14g(24%) 

サプリメント
 L-グルタミン
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ジェントルダイジェスト
 カルシウム
 ミヤリサン
 ビタミンD3
 ビタミンK2
 ビタミンC
 マルチビタミン&ミネラル
 
投薬
 プレドニゾロン 2.5mg/日(8/25-8/26)
 プレドニゾロン 1.25mg/5日(8/27~)

8月31日お昼頃、車でドライブ中に胆汁に食物残渣が少し混ざったものを1回嘔吐。
調子悪いのかなぁと気になっていましたが、食欲◎、元気◎、ウンチ◎だったので様子を見ていました。
9月1日朝、黄色い胆汁を嘔吐しましたが、これも様子を見ることにしていつものように出勤。。。途中に娘から「血尿しているし、何度もトイレにいったりきたりしておしっこが出にくいみたい」と連絡。
2回嘔吐したし、そういえば数日前から夜中にもおしっこしている。色も微妙だった。。。
先週のアナフィラキシーのこともあるし、、、ドキドキ(°_°)心配で、引き返して病院へ行きました。

エコー検査では膀胱も腎臓もきれいで結石は認められず、腸も炎症が悪化している様子はないとのこと。
尿検査で血液と細菌の反応がでていたので、膀胱炎だろうとのことで抗生剤で治療となりました。
その後おしっこは普通に出るようになりました。
嘔吐の原因は??一時的なものだったのか??
抗生剤を飲ませて一週間後に再検査です。

ちょっとしたことで不調を招きます。。。


虹(8/29)☆久しぶりに見た気がします。
嵐の前の虹でした。
20160829_091209309_iOS.jpg

糸島の海(8/31)☆とっても荒れていて、高い白波が立っていました。
一人サーフィンしている方がいましたよ。
20160831_024218331_iOS.jpg


ももの病院に、超低脂肪食でのリンパ管拡張症の治療について研究中の研修医の先生がいらしています(*^_^*)
少しお話をさせていただきました。
「たくさんのワンコが、研究が進み発表されることを待ち望んでます」と伝えましたよ~
医学は日進月歩!!!
もっと良い治療法が確立されるまでみんな元気でいようね(*^^)v
 
  1. 2016/09/02(金) 14:26:21|
  2. ⑩ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2