ヨーキーもも

総コレステロールがっ!!!これで大丈夫なんだろうか??

11月25日 ※オゾン注腸5回目
検査結果
 ALB 2.7(2.3-3.6)
 TP 5.4(5.0-7.2)
 Tcho 71(111-312)
 イオン化Ca 1.14(1.0-1.5)

11月12日~11月25日
ごはん
 ささみ 40g
 白米 60g
 サツマイモ 35g
 スペシフィックCRD-1 13g
 消化器サポート低脂肪ドライ 5g

サプリメント
 ビタミンK2
 ビタミンD3
 ビタミンC 
 カルシウムサプリメント
 マルチビタミン&ミネラル
 L-グルタミン
 ふりかけわん
 強力わかもと
 新ミヤリサンアイジ 
 ジェントルダイジェスト 1カプセル/2日
 アンチノール 1カプセル/2日
 
約246.4kcal 脂質1.6-1.7g(2.47%-2.69%) 蛋白質16.1g(25%)

投薬
 プレドニゾロン 1.25mg/5日

※体重3.0kg
※アンチノールの有無で脂質が違います
※一日4回食です(早朝、朝、夕方、夜)

総コレステロールがっ(°_°)
総コレステロール値をモニターしだしてから、至上2番目に低い数値をたたき出しています!!
一番低かったのは2014年の7月30日で63でした。
その頃もアルブミンは今とあまり変わらず、よかったり、悪かったり…。
この数値で大丈夫なのかがわからない…。

血液付着も3回…。チョビッとなのよね。
私でないと、気づかないくらい。
エコーも見てもらったけど、見える範囲では何もなかったです。

心配もあるけれど~良い季節!!
ももとの日々を楽しんでます。

糸島のう~み~
11254.jpg

大興善寺
11251.jpg
紅葉少ないね(´∀`*;)ゞ
11252.jpg

そして、もも家もクリスマスモードに♪
11253.jpg

スポンサーサイト
  1. 2015/11/25(水) 18:58:04|
  2. ⑨ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

炎症性腸疾患の犬の治療に対する同種脂肪組織由来間葉系幹細胞の安全性と効果について:臨床的および検査の結果

炎症性腸疾患の犬に対して間葉系幹細胞を静脈注射で投与する研究が始まっています。
新しい治療法の研究は進んでいます!!!

■炎症性腸疾患の犬の治療に対する同種脂肪組織由来間葉系幹細胞の安全性と効果について:臨床的および検査の結果

以下転載




炎症性腸疾患の犬の治療に対する同種脂肪組織由来間葉系幹細胞の安全性と効果について:臨床的および検査の結果

Safety and efficacy of allogeneic adipose tissue-derived mesenchymal stem cells for treatment of dogs with inflammatory bowel disease: Clinical and laboratory outcomes.
Vet J. 2015 Aug 7. pii: S1090-0233(15)00327-5. doi: 10.1016/j.tvjl.2015.08.003.
Perez-Merino EM, Uson-Casaus JM, Zaragoza-Bayle C, Duque-Carrasco J, Marinas-Pardo L, Hermida-Prieto M, Barrera-Chacon R, Gualtieri M.

間葉系幹細胞(MSCs)は、実験的な結腸炎において免疫調節および抗炎症効果が証明されており、クローン病と潰瘍性大腸炎の人において臨床的な効果が期待されている。

本研究の目的は、炎症性腸疾患 (IBD)の犬において脂肪組織由来MSC (ASC)療法の安全性と実現可能性を明らかにすることである。

IBDと確定診断された11頭の犬に対して、ASC(2x10^6 cells/kg)を1回静脈内投与した。結果の評価は、治療開始後42日の時点において、C反応性蛋白(CRP)、アルブミン、葉酸、コバラミン濃度の正常化だけではなく、有用な臨床的炎症性腸疾患活動指標 (CIBDAI)と犬慢性腸症臨床活動性インデックス(CCECAI)がどの程度減少するかという点についての臨床的な反応であった。治療の前後においての変化を比較するのにはWilcoxon試験を用いた。

経過観察している間に、ASC投与に対する急性の反応もなく副作用が認められた犬もいなかった。治療6週後において、CIBDAIとCCECAIは有意に減少し、アルブミン、コバラミン、葉酸濃度も実質増加した。治療前後におけるCRP濃度の減少は有意ではなかった(P=0.050)。42日の時点で、11頭中9頭において臨床的な寛解(最初のCIBDAIおよびCCECAIが75% 以上減少することと定義する)が得られた。残りの2頭の犬は、69.2%と71.4%の減少率で部分反応を示した。

結果として、同種ASCの単回IV投与は耐容性があり、重度のIBDの犬において臨床的な恩恵があるようにみえた。(Dr.Taku訳)




また、獣医療の雑誌「CAP 2015年11月号」に「どう攻める? 犬の蛋白漏出性腸症」と題して特集が組まれています。
日大の亘敏広先生はじめ、福島健次郎先生、大野耕一先生、中島亘先生が最新の情報を寄稿されています。
興味のある方は、ご一読されても良いですね。
  1. 2015/11/16(月) 12:57:37|
  2. IBDやリンパ管拡張症の文献・情報など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

脂質吸収しないのね。

11月11日 ※オゾン注腸4回目
検査結果
 ALB 2.7(2.3-3.6)
 TP 5.2(5.0-7.2)
 Tcho 74(111-312)
 Ca 9.2(9.3-12.1)
 イオン化Ca 1.36(1.0-1.5)

10月29日~11月11日
ごはん
 ささみ 40g
 白米 60g
 サツマイモ 35g
 スペシフィックCRD-1 13g
 消化器サポート低脂肪ドライ 5g

サプリメント
 ビタミンK2
 ビタミンD3
 ビタミンC 
 カルシウムサプリメント
 マルチビタミン&ミネラル
 L-グルタミン
 ふりかけわん
 強力わかもと
 新ミヤリサンアイジ 
 ジェントルダイジェスト 1カプセル/2日
 アンチノール 1カプセル/2日
 
約246.4kcal 脂質1.6-1.7g(2.47%-2.69%) 蛋白質16.1g(25%)

投薬
 プレドニゾロン 1.25mg/5日

※ももは体重2.9kg
※アンチノールの有無で脂質が違います
※一日4回食です(早朝、朝、夕方、夜)

この2週間はフードをスペシフィックに戻してみました。
便に血液が付着せず、アルブミンが安定するバランスはどこに~と探りながらの調整です。
が!!!…昨日から朝のみほんのチョビット血液が(T_T)
ウンチがやはり固めです。
ドライフードがダメなのかなぁ~
血液付着の前日と前々日にりんごをひとかけら食べさせたのが影響したのかなぁ~

総コレステロールがね…低すぎる(;_;)
脂質は吸収できてませんね。

それでも、検査値はほぼ安定ですので状態見ながら微調整です。


ごはん早くください!!!
110522.jpg


気候の良い日々が続きますね!!!
西南の杜公園~
11041458.jpg

11041438.jpg

  1. 2015/11/11(水) 20:01:07|
  2. ⑨ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12