ヨーキーもも

元気なんだけどね。

8月19日
検査結果
 ALB 2.6(2.3-3.6)
 TP 5.0(5.0-7.2)
 Tcho 82↓
 Ca 8.9↓


7月23日~7月31日
ごはん
 ささみ 40g
 白米 80g
 サツマイモ 40g
約231Kcal 脂質0.6g(1.15%) 蛋白質11.6g(21%)

サプリメント
 L-グルタミン
 ビタミンB群
 強力わかもと
 マルチビタミン&ミネラル 

投薬
 プレドニゾロン 2.5mg/3日
 フラジール 1/4錠×2/日
 炭酸カルシウム製剤

8月3日~8月8日
ごはん
 ささみ 60g
 白米 60g
 サツマイモ 40g
 スペシフィックCRD-1 7g
約250Kcal 脂質1.3g(2.15%) 蛋白質17.9g(29%)

サプリメント
 L-グルタミン
 ビタミンB群
 ビタミンD
 亜鉛
 カルシウムサプリメント
 MCT 0.3g
 ふりかけわん 1g
 強力わかもと
 マルチビタミン&ミネラル 

投薬
 プレドニゾロン 2.5mg/日
 イソバイト 2.5mg×2回/日


8月9日~8月19日
ごはん
 ささみ 50g
 白米 50g
 サツマイモ 30g
 スペシフィックCRD-1 15g
約240Kcal 脂質1.5g(2.61%) 蛋白質17.6g(30%)

サプリメント
 L-グルタミン
 ビタミンB群
 ビタミンK2
 カルシウムサプリメント
 MCT 0.2g
 ふりかけわん 1g
 強力わかもと
 マルチビタミン&ミネラル 

投薬
 プレドニゾロン 2.5mg/2日
 イソバイト 2.5mg×2回/日

 ※ももは体重2.8kg
 ※ごはんには塩をほんの少し加えています

8月9日から、「ささみ:白米:さつまいも」の配分を、カロリー比で約1:2:1に近づけてみました
元気も良く、運動機能も完全に回復し、ソファーにも、ベットにも飛び乗ることができるようになり
ウンチもずっと良好が続いてました
ステロイド投薬中だから、少し脂質上げてもきっと大丈夫♪
なんて思ってました…が

久しぶりのALB、TPの数値は下降です
色々あったし、ごはんも変えたので、仕方ない??
ステロイド飲んでいるのに、この値はダメなんじゃない??
…と、迷うけれど先生はステロイド減薬の方向へ

先日の痙攣発作の原因がフラジールとは思えないけれど、絶対ないとも言えず
脳の症状が再発しないとも限らないので、フラジールはやはり中止


元気なんだけどねぇ
元気そうに見えて、突然事件は起きるこの頃
270819-1 (460x344)


ももが発病してから書き続けた記録も、8冊目になります
長すぎて、ブログも記録も整理しないと
どこに何を書いていたのか、探すのが難しくなってきましたね
見に来てくださる方も、どこを見たらよいのやら・・・ですね

なるだけ、結果と原因がわかるように、記録しようと努めたのですが
2年もなると長いですね
270819-2 (345x460)






スポンサーサイト
  1. 2015/08/19(水) 22:10:37|
  2. ⑨ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

ノミだ!!!ひえーっ(>_<)

お盆休みも最終日、くつろいでももの毛づくろいをしていたら
黒い点がももの背中の皮膚を横切った(>_<)
あ~ぁ。。。ノミだな。。。
すぐに、休日も診療している、もものリンパ管拡張症を最初に診断した頂いた動物病院に電話して診ていただいた

やっぱりノミでした
フロントラインを垂らしてもらいました

どこで頂いてきたのやら

家中大掃除となりました

診ていただいた獣医さんは、2年前ももの血液検査の数値を見て
リンパ管拡張症と診断された先生
今思えば、あの時いち早く診断していただいたおかげで
今もそこそこ元気なんだと思う

私「あの時はいち早く診断していただいてありがとうございました」
先生「リンパ管拡張症は、診断が遅れると数週間で手遅れになることもあるので、回復して良かったですね」
先生「今もU病院ですか?←腹腔鏡手術で確定診断をした病院」
私「紆余曲折ありまして、今はT病院です(^_^;)」

ノミは勘弁!!だけど、感謝の言葉を言える機会があって良かったかな~
  1. 2015/08/17(月) 14:54:24|
  2. ⑨ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

元気です!!!

その後
ももは、元気に吠え、走り回っています!!!
食欲もあります!!!

毎日、帰宅する家族を
尻尾を振って
玄関で迎えてくれます

8月1日、立ち上がれなくなった日に
安全に室内で過ごせるようにと
ももを点滴で預けている間に慌てて買ったビニールプールも
1日使っただけで
翌日にはプールの淵を飛び越えて出てきちゃいました~

8月7日
病院へ行き、電解質に異常ないかチェックしてもらいました
心配ないようなので、ステロイド減薬です
プレドニゾロン 2.5mgを2日に1回
イソバイト(脳圧降下剤)2.5mgを1日2回

同じリンパ管拡張症のワンちゃんで、同じように脳からと思われる何らかの症状がでた仔が
私が知り得ただけで、ももも含めて6例もありました

もしかしたら
同じ獣医さんが複数体験することがないので
症例として認識されていないだけで
リンパ管拡張症と関連があるのではないかと気になってしまいます。。。

原因も今後症状が再び現れるのかも
何もわかりませんが
その時々、できることを頑張ります

20150812.jpg

  1. 2015/08/11(火) 23:19:47|
  2. ⑨ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

現状と今後

今朝は5時ごろ短時間だけど外に出たら
何と走っている!!!
日に日に良くなっているかも〜

今日まで脳圧を下げる点滴をする予定だったので
仕事は休んで
朝7時半に家を出て動物病院へ
渋滞もあり、1時間後に到着
診療開始は9時なんだけど
もうすでに10人以上が待ってました

院長先生や主治医に様子を告げ
歩行を見てもらい
今日は点滴は止めて注射にすることに

症状の発現の仕方からは、脳が原因だと思われるけど
脳炎などでこんなに急に改善する例はあまりなく
一過性だったのかなぁ。。。と先生方

脳の病気には、脳炎、脳腫瘍、血栓など様々あり
ヨーキーに多いヨーキー脳炎と呼ばれる病気もあるので
決して油断していませんと主治医
引き続き、週末まで飲み薬で脳圧を下げ、ステロイドで炎症を抑えます

今後、また症状が発現した場合は
MRI検査が必要です

このまま時間が止まったらいいのに。。。などと思うけど
時は止められず
起こったことは、なかったことにできない…
その時々で一番納得のいく選択をしようと思ってます
  1. 2015/08/03(月) 16:24:35|
  2. ⑨ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

想定外

ごはんとウンチとアルブミン値のことでいつも頭がいっぱいで
その他のことにまで行き届かない日々を過ごしていました

それが

7月31日のこと

午後8時ごろ、夕方のももの散歩をしてくれた夫が
ふと、「今日、ももは数段あるガレージの階段も昇ろうとしなかったし、さっき足がもつれていたよ」と言った
「腸炎再発後、ステロイド飲みだしてから、ソファーやベットに飛び乗ることを躊躇するようになったよね」
「ステロイドの影響がまだ残っているのかなぁ」
などと話しながら、ももの様子を注意してみていたら、歩いてはいるが、後ろ足がうまく動いていない

夫が「今日は宅配が何回か来たりして、興奮して走り回り、滑って足痛めたのかも。。。」
「そう言えば、同じ病気のヨーキーでアニスちゃんやまりんちゃんが最近、前十字靭帯断裂を患って手術したりしたなぁ」
「足痛めたのかなぁ」
「明日、病院行くべきかなぁ」
などと話しているうちに娘が帰宅して
ももの様子を告げると
歩く様子を見て
「これは脳かもしれないから、今からすぐ病院行くべき」と
慌てて夜間救急動物病院へ急行

病院で状態告げ
まず血液検査と体温測定、歩行の様子確認

0801歩行(345x460)


39.5℃、やや熱がある

歩行は、自宅で見たときより後ろ足がうまく動かずふらついている
それでも、呼べばふらふらと歩くことはできる
途中で診察台に上げたら、数十秒痙攣、失禁

血液検査でナトリウムが正常値>141のところ、124しかないとのことで
とりあえず、ナトリウム補正のため、静脈点滴をすることに
他に血液検査上の異常値はないので
ナトリウムを点滴しても症状が続くなら
「内臓ではなく、頭蓋内(脳)の疾患の可能性が高い」と告げられる

手作り食のももには、腸炎再発後塩を加えるのを止めていたので
もしやそのせい??
などと思い、後悔したり、反省したり

それでも、点滴したらよくなると思い込んでいた

午後11時ごろから点滴開始
点滴中も一度数秒の痙攣
点滴の途中午前2時頃、先生とももの歩く様子を確認してみるが
もう、前足も力が入らず立てない
脳圧を下げる薬と、痙攣を防ぐ薬を足して
ステロイドの注射をして
引き続き点滴
午前5時に終わった

0801点滴1(345x460)

ずっと抱いて点滴したが
ももは一度も眠ることがなかった

朝になり、もう、ももは歩くことも、立ち上がることもできなかった


8月1日

一度帰宅して、1時間ほど仮眠を取るためにももも一緒にベットに横たわったが
ももは身体は横たえるが頭を少し持ち上げた状態を続け
目を開けたまま、やはり眠ることはなかった


0801ベット


7時過ぎにはいつもの動物病院へ向かい
病院が開いてすぐ
スタッフに事情を告げて
そのとき初めて涙が出た

すぐ診てもらい
再度血液検査、ナトリウムは正常範囲になっていた
他に内臓が原因であることを示す値は出てないので
やはり脳の何らかの疾患だろう。。と説明される
ただ、診断はMRI検査をしないとできないようだ

今できる処置として、脳圧を下げる薬と、痙攣を防ぐ薬を点滴しステロイドを注射することに
お昼には終わり、やっと自宅に帰り
とりあえずももと眠った

ももも、やっと目を閉じ眠った

もう、夕方になる時間に目覚めて
ももの様子を見ると
前足が立っている、ふらつくが少し歩いている
改善しているかも!!
とにかく、いつものごはんを食べさせてみた
少しふらつくが、起き上がってごはんを完食!!!

0801プール(345x460)


きっと大丈夫だ
きっと良くなる
ももは生命力あるんだ

夜は妹一家と自宅で大濠公園の花火大会を見る約束をしていたけど
こんな事情でキャンセル
ももといっしょに花火を見た

8月2日

朝、ももは歩いていた!!!
ごはんも、立って食べている
オムツはずして、おしっこもトイレへ行ってできる

ウンチも、自力でできた!!!

今日も点滴をしてもらいに病院へ行き
歩く様子を先生と確認

回復しているので一過性の可能性もある
症状の再発がなければMRIはもう少し様子を見てから決めることに

きっときっと大丈夫!!!
悪くなる気がしないもの!!!

秋になったら、大きな公園へお散歩行こうね!!!
ドライブに行こうね!!!
来年も花火見ようね!!!



  1. 2015/08/03(月) 00:12:19|
  2. ⑨ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1