ヨーキーもも

そう甘くはないってこと!!

5月24日
検査結果
 ALB 3.1
 TP 5.4

どちらも下降です
甘くはありません


ももの体重2.8kg に対して1日量です
昼間は留守なので、早朝、朝、夕方、夜の4回に分けて食べさせています

ごはん
5月14日~5月23日
 ささみ 40g
 サツマイモ 40g
 白米(炊いたご飯) 60g
 約198kcal 糖質30.5g 蛋白質11.3g 脂質0.6g

サプリメント
 L-グルタミン 少々
 強力ワカモト 1/4錠×3
 乳酸カルシウム
 ビタダン(ビタミンB製剤) すりつぶして少々
 (オブラートに包んでごはんの中に混ぜています)

すっごい低脂肪なんだけれど、0.6gてどれくらい?
よくももはキッチンに来て、調理している足元で飛んだ油をペロペロなめてます~
ここでも確実に同じくらいの脂肪は摂取しているかもね


多飲多尿におねしょはおさまらず、一心に水を飲んでると、すごく心配になるけど
近頃では、夜は紙おむつ姿で家族の笑いをとっています
副甲状腺ホルモンの検査結果も異常値はなかったので
あと少し様子を見ます


この先の方向性を主治医と相談しました

このまま後1週間くらい今のULF(超低脂肪食)を続けて、ささみ:炭水化物が1:2のULFに戻して
検査値が良ければ様子を見、それからLF(低脂肪食)のフードを少しずつ足して様子を見ようかと思っています
フードが合わないようだったら、全て手作り食で少しずつ食材を増やして栄養バランスをとろうかと思っています

どうしても脂質が上がればALBが下がるようだったら、注射で必要な栄養素を入れます
主治医は、そのつど必要になるもの、たとえば脂溶性ビタミンの注射とか、低脂肪のフードとか調べてくれるといってますので、心強いです
今回下がったけれど、この食事で回復するとわかったので、前へ進めます

ももは頑張るからね



続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/05/24(土) 14:11:25|
  2. ③ささみ1:白米2:じゃがいも1の割合でALB改善
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ステロイドと上皮小体亢進症

全くの素人の妄想ですが。。。

まだ血液検査の結果は出ていませんが
ももは、上皮小体(副腎皮質ホルモン)亢進症のような多飲多尿、はたまたおねしょという症状がありますが
アルブミン、蛋白の値は急上昇しました。

上皮小体(副腎皮質ホルモン)が亢進すると、内分泌はどのような異常が起きるのだろうと
調べたりしていますが
ん・・・?
ステロイドって副腎皮質ホルモン剤だよね
成分は糖質コルチコイドじゃない?

上皮小体が亢進気味になると
糖質コルチコイドが多く分泌される

体内でステロイド薬を服用した時と同じ状況?

だから、この食事療法に効果があるのでは??

と、妄想しています。

お昼休みの妄想です。

内分泌とホルモン

副腎は皮質と髄質とに分けられる。
*副腎皮質からは3種類のステロイドホルモンが分泌される・・・3種類のステロイドホルモンとは糖質コルチコイド、鉱質コルチコイド、性ホルモンである。
*糖質コルチコイドは炎症やアレルギーを抑える・・・一般にステロイド剤といえば糖質コルチコイド薬のことである。糖質コルチコイドは血糖値を上げる。
*鉱質コルチコイドは尿細管でのナトリウムの再吸収を促進する。
*副腎皮質からは男性ホルモンも出る。
*副腎皮質ホルモンはACTHによって分泌が促進される・・・糖質コルチコイドはACTHの分泌を減少させる。
*副腎髄質からはアドレナリンが出る・・・交感神経刺激により副腎髄質からアドレナリンが分泌される。アドレナリンは交感神経興奮とほぼ同じ作用がある。

副腎の解剖整理

ステロイドホルモンは、コレステロールから産生される。
リンパ管拡張症はコレステロールの吸収不全があるので、ステロイドホルモンの産生が少ない?
ももは、小さいころからコレステロールの値が基準値より低かったなぁ。
  1. 2014/05/20(火) 12:57:46|
  2. ③ささみ1:白米2:じゃがいも1の割合でALB改善
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最高値!!!!

5月14日
検査結果
 ALB 3.4
 TP 6.2
アルブミン、蛋白とも最高値です

ごはん(一日量)
5月1日
 ささみ 40g
 サツマイモ 60g
 白米(炊いたご飯) 60g
 約224Kcal 糖質36.2g 蛋白質11.5g

5月2日~5月11日
 ささみ 40g
 サツマイモ 40g
 白米(炊いたご飯) 80g
 約231Kcal 糖質36.8g 蛋白質11.8g

5月12日~5月13日
 ささみ 40g
 サツマイモ 40g
 白米(炊いたご飯) 60g
 約198Kcal 糖質30.5g 蛋白質11.3g

多飲多尿におねしょが気になり、白米を少し減らしたり戻したりしました。
出来るだけ基本の分量で試してみたくて頑張ったのですが、ここ数日またおねしょが増えたので
白米を再度減らしてみました。
ウンチの状態は良好です。

多飲多尿はまだおさまらないので、上皮小体異常をやはり疑って血液検査しました。
結果は後日です。
結果を待って対策を考えます。
先生も、文献を調べて上皮小体異常でおねしょが発現することがあることを確認したらしいです

今回の結果を受けて、主治医も食事療法で改善することを目の当たりにし、食事内容を詳しく聞いてくれ、ステロイドを切れないワンコたちに助言したい言ってました。
まだ若い代診の先生で確かに頼りないところがありますが、私の希望の治療方針を決して否定せず、わからないことは調べてきてくれて、必要なときは助けてくれて良い関係です。出会いに感謝しています。

この病気は完治しないといわれていますので、まだまだこの先頑張ります!!
  1. 2014/05/14(水) 19:38:33|
  2. ③ささみ1:白米2:じゃがいも1の割合でALB改善
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7