ヨーキーもも

腸の回復を一番に考えて

ももは一年前
「リンパ管拡張を伴う、リンパ球・形質細胞性小腸炎」の確定診断が下っています
一時はフラジールだけで改善しましたが
だんだん処方されていた療法食フードを食べなくなり
ある日下痢
再発でした
この病気には、ささみ:じゃがいもを1:2で与えると効果があるらいという情報は
初期にネットで得ていたのですが
踏み切れなかったのです
獣医師に従わないなどあり得ないと思っていました
嫌がるフードを、この食事だけがこの病気には効果があると信じて続けました
最初からささみとじゃがいもの食事に踏み切っていたら
もっと早期に改善したのではと思っています
せっかくの早期発見だったのに
一日も早く確定診断を得るために腹腔鏡手術までしたのに
残念でなりませんでした

もうそこからは、自己責任で行くと決め
突き進んでいます
ネットでつながった輪に助けられながら☆☆

4月30日
検査結果
 ALB 3.0
 TP 5.6


ごはん
4月24日~4月28日
 ささみ 40g
 サツマイモ 40g
 白米(炊いたご飯) 80g

4月29日~4月30日
 ささみ 40g
 サツマイモ 60g
 白米(炊いたご飯) 60g
少し白米を減らしたら糖質が減るのでおねしょに有効かもと思いこの配分に変更

サプリメント
 L-グルタミン 少々
 強力ワカモト 1/4錠×3
 乳酸カルシウム 少々
 ベジタブルサポートDrプラス 時々
 マルチビタミン(ビタダン) 時々
 亜鉛 時々
 マイトマックス 時々

ささみ:じゃがいも(ももの場合はサツマイモ):白米が、1:1:2の配分は
北海道大学の滝口先生が獣医療雑誌CAP2012年11月号に掲載されていて
その記事は、1年半プレドニゾロンとアザチオプリン、またシクロスポリンを投与しても
正常値まで達することのなかった症例(チワワちゃん)が
このごはんで1ヶ月でALB2.6まで上昇、9ヶ月でALB3.4に改善し、すべての薬物から離脱できたとの記事です

ももにもこれを試してみようと決めました
そして、ここのところなかなか上昇しなかった数値がだんだんよくなり
ウンチの状態はとってもいいです
私のサプリメントのチョイスが間違っていて
下痢したりもありましたけど~

ワンコそれぞれ、どのような療法が合うのかは
飼い主さんが一番良くわかっていると思いますし
もものようにアレルギーがあり、使えない食材があったり
ワンちゃんが食べてくれなかったり
一概には言えませんが
ささみ:じゃがいもが、1:2でも改善しなかったら試してみてもいいかもしれません

症例のチワワちゃんは他に異常はないようですが
ももはおしっこに少々問題が出ました

でも、今は腸の改善を一番に考えて
おしっこの問題は、病院で状態をモニターしてもらいながら
やっています

この1週間もおねしょと多飲多尿で心配しながら過ごしました
夜間はとうとう紙おむつ利用です

25日
朝やや白っぽい軟便でどうしたのかぁ…と心配したけど
夕方には良いウンチ

26日
朝はいいウンチだったけれど、夕方半年以上ぶりの下痢!!
もう、ドキドキして、混乱してしまいました~

帰宅して、もものデータをよく見直して、
25日の軟便は、2日前からのベジタブルサポートが原因かな~
26日の下痢は前日からの亜鉛が原因かな~
ということで
今はベジサポと亜鉛は止めています

おしっこの検査は細菌、糖、蛋白すべて(-)で
腎不全とかの可能性はないとの事です
私が強く上皮小体異常(副甲状腺異常)を疑っているので
2週間後にまだおねしょや多飲多尿が続いていたら
一度ホルモンの検査をしてみることになりました


どうか、カルシウムサプリが効果を発揮して
症状が治まりますように

0423(640x480).jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/04/30(水) 14:34:25|
  2. ③ささみ1:白米2:じゃがいも1の割合でALB改善
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

暗中模索ですね

4月23日
検査結果
 ALB 2.9
 TP 5.7


ごはん
4月16日~4月23日
 ささみ 40g
 サツマイモ 40g
 白米(炊いたご飯)80g

サプリメント
 L-グルタミン 少々
 強力ワカモト 1/4錠×3 
 乳酸カルシウム 少々

この配分にして、翌日からウンチはとてもいい感じになり
お腹の湿疹も改善
でも、おしっこの回数や水の飲量がやや増え
1週間に3回もおねしょ~~

ささみのご飯にしてから、おねしょは時々あり
リン:カルシウムのバランスの悪さを
気にしていたのだけれど
いよいよ心配になり
前回の検査から1週間だったけど
病院行ってみました


おねしょの原因は
私は副甲状腺ホルモンの異常を気にしていたのだけれど、
担当の先生は血液中のリンとカルシウムが基準値のうちは
正常な反応で、体がバランスをとって過剰なリンを排出しようとしているのだろうと…

尿路感染も疑っての尿検査で少し細菌が見つかったけれど、
採尿して持っていったのがジャムのビンだったので
容器のせい??かもしれず、また次回検査することに
おしっこの濃度は、やや薄かったとのこと

避妊手術しているので、ホルモンの減少のせいかもしれないけれど、
おねしょが許容範囲なので
もう少し様子を見てみることに

後は、炭水化物が多すぎるせいかもしれないと疑っているけれど
アルブミンが上がってきたので
今はこのごはんをもう少し続けて見るつもり

すべてが順調とはなかなかいきませんね~

  1. 2014/04/23(水) 18:59:34|
  2. ③ささみ1:白米2:じゃがいも1の割合でALB改善
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

この辺りで安定するのだろうか

4月16日
検査結果
 ALB 2.6
 TP 5.5


ごはん
4月3日~4月8日
 ささみ 75g
 サツマイモ 70g
 白米(炊いたご飯)40g

4月9日~4月14日
 ささみ75g
 サツマイモ 60g
 白米 50g

4月15日~
 ささみ40g
 サツマイモ 40g
 白米 80g

サプリメント
 L-グルタミン 少々
 強力ワカモト 1/4錠×3
 ヤクルトとかオリゴ糖とか時々

白米を試しても下降はしていないので、このまま白米でいきます

L‐グルタミンってずっと与え続けてもいいのかちょっと迷っています
あと、総合ビタミン剤(水溶性ビタミン類)のビタダンを処方してもらいました


http://ameblo.jp/kitanodaichiyori/entry-11517795788.html
で、白米:ささみ:じゃがいもが、2:1:1で改善した例を見つけたので
ももにも2週間この割合でじゃがいもをサツマイモにして試してみます
昨日1日この割合で食べさせてみましたが、ウンチはかなりしっかりした感じ
様子を見ながらやっていきます!!
ささみ40gでも、たんぱく質要求量は満たしています☆

「犬の名医さん100人」買ってみました~
ももの地域(九州・福岡)の獣医さんは掲載されていませんでした!!
あぁ、やっぱり関東だよな~と、つくづくがっかりしました

しかし、いまや情報化時代
地域格差を埋めるべく、情報収集頑張りましょう




  1. 2014/04/16(水) 13:44:05|
  2. ③ささみ1:白米2:じゃがいも1の割合でALB改善
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

下降はしていない

4月2日
検査結果
 ALB 2.5
 TP 5.1


ごはん
3月27日~3月29日
 ささみ 75g
 サツマイモ 40g
 タピオカ 30g

3月30日~4月2日
 ささみ 75g
 サツマイモ 80g
 タピオカ 10g

サプリメント
 L-グルタミン 少々
 強力ワカモト 1/4錠~1/2錠(1/4×2回)
 ヤクルトとかオリゴ糖とか時々


先週の結果からそう変わりない検査結果
ど~んと下降していたら、ステロイドかなぁ…
2.0以上だったら、ささみから七面鳥に食事の変更をしてあと1週間待ってみようとか
1.9だったらフラジール2週間出してもらおうとか…
色々想像して、
エコーしてもらうために1回目の早朝のごはんを抜いて病院へ行く準備していたら
透明な胃液を吐いた
あぁ…調子悪いのかな…とどんよりな感じで病院へ
結果はほんの少し上げっていてホッとしました

マスターピースのドライフードはお休みして
サツマイモとタピオカを増やして様子を見ていたけれど
おねしょを3回ほどして
タピオカの水分量が多すぎかもと思い
サツマイモの量を増やしました
おねしょはおさまったけれど、ウンチが少し黄色いなぁ

ということで
今週は白米を試します
七面鳥はもう少し様子を見てからかな



  1. 2014/04/03(木) 09:23:17|
  2. ②タピオカを使い始めた頃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3