ヨーキーもも

今日はもものそばにいるよ

ももの退院が連休明けになりそうだったので
今日まで休みをもらっていたから
一日ずっとももと一緒

朝の散歩に近くの公園まで行ったが
まだ体力が回復していないから
帰りは「抱っこ?」って聞くと
そばによって来る

夕方の散歩も短時間にした

散歩でのウンチ
朝は昨日と同じ
夕方は細かった

食欲はあり
1回15gを4回あっという間に食べてしまう
機嫌もよく
散歩も尻尾よく振って歩いた
  1. 2013/05/08(水) 19:07:36|
  2. ももの病理診断まで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月7日 退院

午後ももを迎えに行った
今日に限ってなんだか渋滞していて
病院に着いたのは午後5時近かった

ももは腸が腫れていたらしいので
フードをヒルズの消化器サポートi/dに変更し
2週間持続の抗生物質を注射し
家に帰った

院長先生に
「ずいぶん腫れていたので…」
といわれて
私の頭の中は、『リンパ管拡張症』でいっぱいだったので
「リンパ管がですか?」って聞いたら
「腸が腫れていました」
とのこと
病理の結果IBDとかだったら、フードをアレルギー対応にするようだ

腸がはれていたんだ…


注意事項としては
・散歩中に草を食べないよう
・フード以外は食べさせないよう
・歯磨きガムも控えるよう

今後の予定は
・今週末抜糸
・来週はじめに病理検査の結果を聞きに行く

家に帰ったももは尻尾をいっぱいいっぱい振って喜んでいた
パパも娘も退院を喜び
もものいる幸せを感じていた

家について少し散歩したら、
術後初ウンチ
少しやわらかめだった

体重2.4kg
DSC_0324 (640x360)

  1. 2013/05/07(火) 22:33:11|
  2. ももの病理診断まで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月6日 退院日決まる

午後3人で面会へ

昨日からふやかしたフードを2~3粒ずつ食べているらしい
やっとごはん食べれるね
院長先生が「食欲もあり、元気なので明日退院は大丈夫でしょう」との事

やっと帰れるね
長かったね

ゴールデンウィークも今日で終わりだけど
ももの面会に通いつめた日々だった
  1. 2013/05/06(月) 21:25:59|
  2. ももの病理診断まで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月4日 今日も絶飲食4日目

パパと娘と3人で面会に行った
パパを見るとより興奮するので
娘と二人でももに会った
ももはしばらく抱いていると落ち着いてきて
ウトウトし始めたので
娘がタイミングを見てゲージに戻し
あまり悲しませることなく
帰ることが出来た

パパはそっと窓から様子を覗いただけだった

ずいぶん痩せたなぁという感じだった
  1. 2013/05/04(土) 21:51:50|
  2. ももの病理診断まで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月3日 初めての面会

手術をしてから初めての面会にパパと二人で行ってきました
ももはゲージのベットから近寄ってきました
昨日は仕事で会えなかったので、2日ぶり
術後のしんどい時についていてあげられなくてごめんね

ずっと抱いていたんだけど
うれしすぎて
そして
また、おいていかれる不安で
興奮がずっと収まらず
かわいそうな気がして
1時間ほどで帰った

院長先生から
「手術で見た腸の中は、普段目にする腸とは明らかに違っていました。
術後の回復も通常より慎重に経過を見たいので、退院は連休明けにしたい。」
とお話があった

がんばろうね。もも
  1. 2013/05/03(金) 16:38:37|
  2. ももの病理診断まで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月2日 今日は面会に行けない

絶飲食で入院しているもものことが気がかりだけど
今日は仕事もあるし面会時間も午前中のみなので
面会に行けない

夕方帰宅してからも
玄関でももが迎えてくれない…
ゴミ出しも
いつも、ももがいたずらするので
大変なのに
今日はひっそり…
  1. 2013/05/02(木) 22:30:24|
  2. ももの病理診断まで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月1日 腹腔鏡下手術で生検

朝10時前に病院へ
手術担当の副院長と面談し
これまでの経過を説明
(先日会ったのは院長で、副院長は初めてお会いしたので)
先生からも今日の手術の方法の簡単な説明があった

その後ももはおなかの毛を剃られていて
処置室の窓から
恐怖で震えている小さな後ろ足が見えていて
切なくなった

手術が始まるまで近くのカフェで時間をつぶしたりしていたが
午前中の診療が長引いていて
始まったのは2時近く

手術は公開(窓からと映像で)だったので
麻酔をかけられるところから
緊張して見守った

2時間ほどかかって手術が終わり
麻酔から覚め
自発呼吸に戻ったももは
断末魔のような悲鳴を上げていた

副院長からの術後の説明で
典型的な、教科書で見るような
リンパ管拡張症の小腸内だったと
写真も見せられた
「症状は進行した状態でしたか?」
と聞いたら、
「そうですね。病理検査の結果を待ちましょう。」
との答えだった

その後ももが落ち着くまで
ゲージの前で娘と二人でももを抱き続けた

2時間も過ぎた頃
やっとウトウトと眠りだしたので
そっとゲージに入れて帰宅した

つらいつらい一日だった
DSC_0313 (640x360)
  1. 2013/05/01(水) 22:29:39|
  2. ももの病理診断まで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ