ヨーキーもも

今度は膀胱炎(>_<)

9月1日
検査結果
 ALB2.6 (2.3-3.6)
 TP5.0 (5.0-7.0)
 Tcho74 (111-312)
 Ca9.6 (9.3-12.1)
 イオン化Ca1.13 (1.0-1.5)
 BUN23(9.2-29.2)
 CRE0.9(0.4-1.4)

ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)
8月25日~8月31日
 ささみ 35g(生30gを茹でたもの)
 白米 55g(炊いたご飯60g)
 サツマイモ 35g(茹でたサツマイモ35g)
 スペシフィックCRD-1 14g
 約218.6kcal 脂質1.2g(2.15%) 蛋白質14g(24%) 

サプリメント
 L-グルタミン
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ジェントルダイジェスト
 カルシウム
 ミヤリサン
 ビタミンD3
 ビタミンK2
 ビタミンC
 マルチビタミン&ミネラル
 
投薬
 プレドニゾロン 2.5mg/日(8/25-8/26)
 プレドニゾロン 1.25mg/5日(8/27~)

8月31日お昼頃、車でドライブ中に胆汁に食物残渣が少し混ざったものを1回嘔吐。
調子悪いのかなぁと気になっていましたが、食欲◎、元気◎、ウンチ◎だったので様子を見ていました。
9月1日朝、黄色い胆汁を嘔吐しましたが、これも様子を見ることにしていつものように出勤。。。途中に娘から「血尿しているし、何度もトイレにいったりきたりしておしっこが出にくいみたい」と連絡。
2回嘔吐したし、そういえば数日前から夜中にもおしっこしている。色も微妙だった。。。
先週のアナフィラキシーのこともあるし、、、ドキドキ(°_°)心配で、引き返して病院へ行きました。

エコー検査では膀胱も腎臓もきれいで結石は認められず、腸も炎症が悪化している様子はないとのこと。
尿検査で血液と細菌の反応がでていたので、膀胱炎だろうとのことで抗生剤で治療となりました。
その後おしっこは普通に出るようになりました。
嘔吐の原因は??一時的なものだったのか??
抗生剤を飲ませて一週間後に再検査です。

ちょっとしたことで不調を招きます。。。


虹(8/29)☆久しぶりに見た気がします。
嵐の前の虹でした。
20160829_091209309_iOS.jpg

糸島の海(8/31)☆とっても荒れていて、高い白波が立っていました。
一人サーフィンしている方がいましたよ。
20160831_024218331_iOS.jpg


ももの病院に、超低脂肪食でのリンパ管拡張症の治療について研究中の研修医の先生がいらしています(*^_^*)
少しお話をさせていただきました。
「たくさんのワンコが、研究が進み発表されることを待ち望んでます」と伝えましたよ~
医学は日進月歩!!!
もっと良い治療法が確立されるまでみんな元気でいようね(*^^)v
 
スポンサーサイト
  1. 2016/09/02(金) 14:26:21|
  2. ⑩ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アナフィラキシー

8月24日 ※オゾン注腸23回目
検査結果
 ALB2.5 (2.3-3.6)
 TP5.5 (5.0-7.0)
 Tcho89 (111-312)
 Ca9.5 (9.3-12.1)
 イオン化Ca1.14 (1.0-1.5)

ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)
8月11日~8月24日
 ささみ 40g(生40gを茹でたもの)
 白米 60g(炊いたご飯60g)
 サツマイモ 35g(茹でたサツマイモ35g)
 スペシフィックCRD-1 15g
 約235kcal 脂質1.3g(2.17%) 蛋白質15.6g(25%) 

サプリメント
 L-グルタミン
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ジェントルダイジェスト
 カルシウム
 ミヤリサン
 ビタミンD3
 ビタミンK2
 ビタミンC
 マルチビタミン&ミネラル
 
投薬
 プレドニゾロン 1.25mg/5日

※ももは体重3.3kg!!

いつものように血液検査をし、やっと入荷した脂溶性ビタミンの注射をしました。
製品名:ビラフラルAD3E
脂溶性ビタミン不足の予防量として0.05ml/kg
皮下注射
今後この注射を様子をみながら続ければ、脂溶性ビタミン吸収不足の心配がなくなるかも!!!と期待を込めてチックン。
ももの病院では初めての使用でした。

車で1時間、やっと帰宅して昼食をとっていたら、ももは何やら落ち着かない様子であちこち行ったり来たり、ウンチしたり、ベッドに行ったり、歩き回ったり、顔をソファーにこすり付けたり。。。様子がおかしい?と、娘(次女)が近寄って良く見たら、、、頭部が赤い、良~く見たら目の周りが赤く腫れてきている!!!
娘に「アナフィラキシーだからすぐ動物病院に電話してっ!!!」と言われて、あわてて電話。
再び病院へ。
また1時間かけてやっと病院に到着したころには、やや赤みは治まっていたものの、アナフィラキシーなので必要な処置としてステロイドと抗ヒスタミン薬を注射。

ショックを起こさなくて不幸中の幸いだった?などと思いながらまた1時間かけて帰宅途中、ももを抱いていた娘が、「呼吸が早くてピーピー音がしているよ。1分間に120回も呼吸しているよ。」と。
車を停めてまた病院へ電話。
再び症状が現れることもあるので注意が必要と主治医に聞いていたので、Uターンしてもう一度診てもらうことに。
病院に到着したころには、注射したステロイド、抗ヒスタミン薬が効いてきたのかやや落ち着いてきて、さらなる処置は必要ないとの診断でやっと帰宅しました。

病院までがいつもよりさらに遠く感じました。
無事でよかったです。

この注射剤のビタミンEに、まれにアナフィラキシーを起こすことがあるそうです。
とても期待していたのでショック。。。
超低脂肪食でも、脂溶性ビタミンの注射を時々使って頑張れるよ!!!ってみんなにご報告したかったのですが、ももの場合は残念な結果でした。
もし、皆さんが検討されているのであれば、このような場合もあるので充分注意して取り組んでください!!!
うまくいけば超低脂肪を長く続けることができるかもしれませんね。

それから、もう一つ気になることがあります。
ももの主治医担当の同じ病気のヨーキーちゃんは、超低脂肪手作り食を続けていて顕著に上皮小体亢進症が現れているそうです。
「イオン化カルシウム値が下がって来ている。」と前回聞いていたのですが、今度はイオン化カルシウム値が正常値を超えて上がってきているとのことです。
インタクトPTHの値も正常値超えだとのこと。
おねしょの症状も出ているそうです。
不足しているカルシウムを補おうとして、骨を溶かし始めているということです。
ほおっておくと、腎機能まで低下します。
最低限カルシウム、ビタミンD3のサプリメントが必要になります。また、カルシウム、ビタミンD3吸収のためには少しフードを足すなどして、急激なアルブミン低下が起こらない程度の脂質摂取も必要になります。
超低脂肪手作り食を始める前のアルブミン値が極端に低い場合や長期間低アルブミン状態が続いていた場合は、上皮小体亢進症の症状が早く現れるのかも知れません。
アルブミン値が正常値で安定したら、必ずカルシウムとビタミン&ミネラルを添加してほしいです。
主治医と相談して、早めに対処してくださいね。

IMG_2283.jpg
例年だと、お盆が過ぎたころから涼しくなるんだけど、もも地方は猛暑続き(°_°)
暑すぎて、私自身も生きているだけで精一杯な感じになっちゃいます。
ここ数日はキューピーコーワゴールドを口に放り込んでから出勤です^^;
日の出前の早朝散歩でもやや暑です~

20160820_015535000_iOS.jpg
長女がbabyの衣類を水通ししてました。
幸せを感じるなぁ(*^_^*)

  1. 2016/08/24(水) 00:00:00|
  2. ⑩ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

停滞が続きます(^^;

8月10日
検査結果
 ALB 2.5(2.3-3.6)
 TP 5.0(5.0-7.0)
 Tcho 88(111-312)
 Ca 9.0(9.3-12.1)
 イオン化Ca 1.05(1.0-1.5)

ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)
7月28日~7月31日
 ささみ 40g(生40gを茹でたもの)
 白米 60g(炊いたご飯60g)
 サツマイモ 30g(茹でたサツマイモ30g)
 スペシフィックCRD-1 15g
 約228.9kcal 脂質1.3g(2.22%) 蛋白質15.5g(26%) 

8月1日~8月10日
 ささみ 40g(生40gを茹でたもの)
 白米 60g(炊いたご飯60g)
 サツマイモ 35g(茹でたサツマイモ35g)
 スペシフィックCRD-1 15g
 約235kcal 脂質1.3g(2.17%) 蛋白質15.6g(25%) 

サプリメント
 L-グルタミン
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ジェントルダイジェスト
 カルシウム
 ミヤリサン
 ビタミンD3
 ビタミンK2
 ビタミンC
 マルチビタミン&ミネラル
 
投薬
 プレドニゾロン 1.25mg/5日

※ももは体重3.2kg

ももは今のところとっても元気ですが、アルブミンが下がっても症状が現れないっこともあるので要注意です。。。
少し脂質を下げてみたけれど効果はあまり見られません^^;
今回の検査でアルブミンはあまり変化がないけれど、総蛋白が下がってきて、カルシウムも下がってきました。
このままの数値で安定してくれれば許容範囲なんですが、、、急降下が怖いところです。
思い切って基本の超低脂肪食に戻すべきなのか。。。
正直迷っています。
次回は脂溶性ビタミンの注射が入荷していそうなので、それまでこの脂質で頑張ってみるかなぁ~

2808113.jpg

こんなことしている場合ではないですが^^;歩かないで採集中(笑)
2808114.png

長女が里帰り中で、しばらくの間にぎやかです。家の中baby用品が増殖中です~

  1. 2016/08/09(火) 13:00:40|
  2. ⑩ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

迷います。

7月27日
検査結果
 ALB 2.4(2.3-3.6)
 TP 5.2(5.0-7.0)
 Tcho 83(111-312)
 Ca 9.5(9.3-12.1)
 イオン化Ca 1.16(1.0-1.5)

7月21日~7月27日
ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)
 ささみ 40g(生で40gを茹でたもの)
 白米 60g(炊いたご飯)
 サツマイモ 30g(茹でて30g)
 スペシフィックCRD-1 15g
 約228.9kcal 脂質1.4g(2.39%) 蛋白質16.1g(27%) 

サプリメント
 L-グルタミン
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ジェントルダイジェスト
 カルシウム
 ミヤリサン
 ビタミンD3
 ビタミンK2
 ビタミンC
 マルチビタミン&ミネラル
 
投薬
 プレドニゾロン 1.25mg/5日

※ももは体重3.2kg

一週間脂質を下げてみましたが、数値は横ばいです。
ウンチは良好です。
今後どうするか…。
下がってはいなかったので、このまま2週間ほど続けて
主治医に脂溶性ビタミン注射液の手配をお願いしているので
その準備ができたら基本のULFにもどしてみるかなぁ。。。
迷います。

  1. 2016/07/29(金) 17:24:52|
  2. ⑩ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ガーン!!!

7月20日 ※オゾン注腸21回目
検査結果
 ALB 2.4(2.3-3.6)
 TP 5.2(5.0-7.0)
 Tcho 89(111-312)
 Ca 9.3(9.3-12.1)
 イオン化Ca 1.17(1.0-1.5)

7月7~7月20日
ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)
 ささみ 40g(生で40gを茹でたもの)
 白米 45g(炊いたご飯)
 サツマイモ 30g(茹でて30g)
 スペシフィックCRD-1 20g
 ロイヤルカナン消化器サポート低脂肪 5g
約236.7kcal 脂質1.9g(3.0%) 蛋白質17.7g(28%) 

サプリメント
 L-グルタミン
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ジェントルダイジェスト
 カルシウム
 ミヤリサン
 ビタミンD3
 ビタミンK2
 ビタミンC
 マルチビタミン&ミネラル
 
投薬
 プレドニゾロン 1.25mg/7日

※ももは体重3.2kg

20日は、私の胃カメラ検査の日で麻酔を使うので午後まで帰れないようだったので、「ももの検査は来週にしようかなぁ」とも思っていました。
でも、先週やや低下していたので、虫の知らせか^^;「やっぱり行った方がいいかな~」と、麻酔からさめてすぐ連れて行きました。

ガーーーン!!!低下です。
前回の検査で少し下がっていたけれど、「許容範囲」と判断して脂質3.0%を続けていました。
プレドニゾロンも、5日に1回1.25mgから週1回1.25mgに変更していました。
体調の変化といえば、ウンチの回数がほぼ2回/日だったのが、3回/日のときがありましたが、ウンチの状態は良好でした。
油断していた。。。もしや、これから何か事件が起こるのだろうか(T_T)

2.4はドッキリです。
明日から脂質減らしてみますが、回復するかちょっと心配。。。
かといって、脂質1%台の低脂肪に戻すのもなぁ。。。
脂質3%の壁は厚いなぁ。。。

またもや迷走です。

ドンマイ、自分。

2807201.jpg

2807202.jpg
  1. 2016/07/19(火) 21:59:36|
  2. ⑩ステロイドを少量使いながら療法食フードを追加~その2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ