ヨーキーもも

夫の母

ももの経過のみを記録するためのブログですが。。。
モヤモヤを綴ります。

隣の県で一人暮らしの夫の母が重度の認知症です。

昨年、夫の父が十数年間の闘病の末亡くなりましたが、
父も認知症でした。
初めて診断されたころは、まだ「認知症」という病名はなく「痴呆症」といわれていました。
私は病院の対応にとても不信感をもち情報を集めましたが、
得た知識は家族を救うには至りませんでした。
長い間みんな苦しみ、父は逝きました。

父を送った後、夫の母は明らかに認知度が低下し、
ほとんど会話が成立せず、同じ話を何度も繰り返すようになりました。
年明け頃から、唐突に感情の伴わない笑い声を発するように。。。
春頃には、通っているデイサービスのボードに、自分が死亡する日にちが書かれていると
何度も何度も、どこへ行っても誰にでも訴えるようになりました。
ただし、簡単な買い物は出来、歩行も大丈夫。記憶もほぼあります。
失語がありそうです。
5月には、ケアマネさん、PTさん、STさんが訪問され、
施設で長谷川式やFABテストを行った結果と、母の状態が一人暮らしに耐えられないのではと説明されました。

夫には母の家から10分ほどの距離に住む姉がおり
姉は緊急性を感じて、すぐに最寄りの老年科のある心療内科に母を受診させました。
そこでは、認知症が進んでおり一人暮らしを続けるのは無理だろうとの診断だったらしいです。
脳の画像診断など客観的に診断できる検査はしていません。

母は症状から、多分、前頭葉症状を伴うレビー小体認知症だろうと思われますが、
そのクリニックからは、レビー小体認知症には処方すべきでないと言われ始めているドネペジルが処方されました。
ドネペジルは症状を悪化させる可能性があることは、姉にも夫にも伝えましたが、
医者の指示を優先することになりました。
処方量は3mgから5mgへと増量されて、死にまつわる妄想が止まらなくなり
ここ1週間ほどは、息子である夫が死んだと思い込み、ほぼ毎日電話をかけてきます。
「○○ね?」と本人を確かめて終わり、また翌日も繰り返します。
今日は、夫と夫の姉の遺影があると言い出しました。

医療の常識は日々覆されていますが、
世の中には、納得いかない診断や治療方法であっても、お医者様は常に正しいと思っている善人が多いのです。
「このお薬は、この病気には使わないほうが良いとの情報を見ました」と言ったら、ムッとされて「もう当院へは来ないで」とでも言われるのは怖いのです。

介護は、主にお世話をする主介護者の意見を尊重し、他の者は手助けをするが口出しはするべきでないと思っていますし、
方向性を変えても、責任が取れないことも事実ですが、
それは母の残された人生の質を守るより重要なのか?
モヤモヤです。
命は重いので、悩むのです。

夫の父は晩年は施設と病院を行ったり来たりでしたが、
十数年に及ぶ介護を母は頑張ってくれました。
母には少しでも気持ちよく暮らしてほしいと思っています。

母は、今年の母の日に私がプレゼントした帽子をいつもかぶってくれています。
「帽子似合っているよ」と言うと、私の名前は出てこないのですが「あなたがくれた」と言います。

グループホームへの入所を検討していますが、どうなるのか。。。
夫とともに、より良い方向へ導けたらと思います。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/03(月) 00:16:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

薬の力を借りながら頑張ろう

6月14日
検査結果
 ALB 3.1 (2.3-3.6)
 TP 5.8(5.0-7.0)
 Tcho 92(111-312)
 Ca1 0.3 (9.3-12.1)
 イオン化Ca 1.26(1.0-1.5)

6月1日~6月14日
ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)
 ささみ 50g(生50gを茹でたもの)
 白米 65g (炊いたご飯65g)
 サツマイモ 40g(茹でたサツマイモ40g)
 エレンタール 3g
 約225kcal 脂質0.7g(1.2%) 蛋白質14.1(25%)

サプリメント
 ビタミンD
 カルシウム
 L-グルタミン
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ミヤリサン
 マルチビタミン&ミネラル

投薬
 プレドニゾロン 2mg/2日

エレンタール3gを2週間足してみました。
ほんの少量なので気休め程度ですけど、、、ウンチの色にも変化が出ます。
4月末、エレンタールを5g足して1週間で腸炎を起こしたので心配でしたが大丈夫そうです。
あくまでも、ステロイドの力を借りながらですが。。。

今後のこと。
ここ1年くらい頻繁に腸炎発症を繰り返しているので、リンパ管拡張症もあるけれど「リンパ球形質細胞性腸炎」への対処として今回はステロイド減薬を急がないことにしました。
2013年春に診断されてから経過も長く、ここでもう一度しっかり炎症を抑えたほうが良いのではと考えています。
幸いステロイドの効果が見られるので、うまく使いながら良いタイミングでゆっくり、ゆっくり。。。減薬。。。と行きたいです。
どうか炎症が起きませんように(>_<)と願いながらやっていきます。

20170601_125307110_iOS.jpg
頑張ろうね♪

20170614_072817762_iOS.jpg
梅雨入りしましたが、さわやかなお天気が続いているもも地方です。
リードに絡んでいるリングは虫除けです。
今年はこれで乗り切ろうかと思ってます。
  1. 2017/06/14(水) 19:45:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

3月なのに雪が降りました~

3月8日
検査結果
 ALB 3.0(2.3-3.6)
 TP  5.5(5.0-7.0)
 Tcho  91(111-312)
 Ca 10.2(9.3-12.1)
 イオン化Ca 1.0(1.0-1.5)

ごはん(1日分・4回に分けて食べさせてます)
2月23日~3月1日
 ささみ 60g(生60gを茹でたもの)
 白米 75g(炊いたご飯75g)
 サツマイモ 40g(茹でたサツマイモ40g)
 約241kcal 脂質0.8g(1.32%) 蛋白質16.2g(27%) 

3月2日~3月8日
 ささみ 60g(生60gを茹でたもの)
 白米 70g(炊いたご飯75g)
 サツマイモ 40g(茹でたサツマイモ40g)
 スペシフィックCRD-1 5g
 約248.3kcal 脂質1.0g(1.63%) 蛋白質17.5g(28%) 

サプリメント
 ビタミンD
 ビタミンK
 ビオチン(3/3~)
 カルシウム
 L-グルタミン
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ミヤリサン
 マルチビタミン&ミネラル

投薬
2月23日~2月26日
 プレドニゾロン 1.25mg/3日
2月27日~3月8日
 プレドニゾロン 1.25mg/4日

超低脂肪食(ULF)に戻すとちゃんとALBが上がってくれてよかったです。
ここから、LFのフードを増やしていきます。焦らず慎重にね。

ビオチンをはじめてみました。
夫の皮膚炎のために買い置きしていたビオチンが残っていて、私が飲み始めたらなんとなく調子いいので。
口内炎が早く治る気がします。

先日のシンポジウムでの質疑応答の中で、超低脂肪食(ULF)に低脂肪フード(LF)を加えるとALBが下がってしまう例が多いという件に関して、「使っている低脂肪フードが例えばドライフードである場合小麦粉が含まれていて、その小麦粉にアレルギー反応を起こしていることは考えられないか?」というものがあり、ももは過去にアレルギー検査を行い小麦粉にはアレルギーはなかったのですが、検査の信ぴょう性はいまいちと言われていますので、その可能性も考え、機会を見て小麦が含まれない「消化器サポート低脂肪缶」を使ってみようか。。。と思っています。

ももの先生担当の週一でLFを食べているヨーキーちゃん、その後も調子いいそうです‼!
この方法も機会を見て試してもいいかなぁ。

エレンタールも、導入の方向へ考えています。
ULFを50%、LFをできるだけ足して、不足分をエレンタールで。
ももに合うか、ももが食べてくれるか未知数だけどね。

三寒四温の日々ですが、着実に夜が明ける時間も早まり、春の気配ですね。
散歩の足取りも軽やかです♪
今日はその三寒の一日。雪がチラッと降ったりして寒い日です。

寒さのせいではないようですが、ももは最近震えることが多くなりました。。。
ちょっとした興奮や不安や緊張で。老化??
毎朝出勤する時間になると震えていて、出かけるのが心苦しくなってしまうこの頃です。

  1. 2017/03/08(水) 15:20:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8