FC2ブログ

ヨーキーもも

中鎖脂肪酸入りオリジナルフード6週目

6月5日
ALB 3.0(2.3-3.6)
TP 6.1(5.0-7.0)
Tcho 94(111-312)
Ca 10.9(9.3-12.1)
イオン化Ca 1.13(1.0-1.5)

ごはん(1日分)
5月16日~6月5日
 ささみ 30g(生30gを茹でたもの) 
 サツマイモ 30g(ゆでたもの30g)
 白米 30g(炊いたご飯30g)
 ランフリー脂質3%ドライフード 10g
 ランフリーオリジナル脂質3%ドライフード 25g(脂質をできるだけ中鎖脂肪酸にしたレシピ)
 約213.5kcal 脂質1.44g(2.31%) 蛋白質14.6g(23.5%)

 ※飲み水はエビアンを使用しています

サプリメント
 カルシウム
 マルチビタミン&ミネラル
 ビタミンB群
 ビタミンB12
 ビオチン
 ビタミンK
 ビタミンD 
 ビタミンC
 L-グルタミン
 亜鉛
 マグネシウム
 強力ワカモト
 ふりかけわん

投薬
 プレドニゾロン 1mg/5日

オリジナルフード継続中です。
総コレステロールが低下してきましたが、他はほほ横ばいの数値です。
食いつきの問題は、時々ほんのひとつまみの鰹節を振りかけたりして何とか過ごしていましたが、先日オリジナルレシピフードにささみ&レバーコーティングをお願いしたので、これで解決できそうです。
このコーティングは、原料の一部を使うのでフードの成分(脂質も含めて)は変わらないとのことで、安心してお願いできました。

このメニューで今気になるところは、ナトリウムが基準値より低いことです。
塩を足すべきか悩み中です。。。

20190606122918792.jpeg



20190606122935e78.jpeg



ここ数ヶ月の間に、エンちゃんをはじめ数件のお別れのご報告をいただきました。
どのワンちゃんたちも、天寿を全うしたといえる長寿だったことが、悲しみの中にあっても、とても救われる気持ちです。
みなさんそれぞれに工夫して、ワンコに合うご飯や治療法をみつけられ、診断後何年もうまく病気と付き合ってこられました。
飼い主さんたちは何年も努力を続けて命を守り続けられたのです。
それぞれの方々との希望を感じるやり取りがたくさんありました。
そのたびに姿を思い浮かべ、喜んだり、気を引き締めたり。

もものつないでくれたご縁に感謝します。

ご連絡くださってありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2019/06/06(木) 15:40:00|
  2. もも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新しい試み

5月15日
ALB 2.9(2.3-3.6)
TP 5.9(5.0-7.0)
Tcho 102(111-312)
Ca 10.9(9.3-12.1)
イオン化Ca 1.12(1.0-1.5)

ごはん(1日分)
4月25日~4月28日
 ささみ 40g(生40gを茹でたもの) 
 サツマイモ 35g(ゆでたもの35g)
 白米 60g(炊いたご飯60g)
 ランフリー脂質3%ドライフード 15g
 ランフリー脂質2%ドライフード 15g
 約246kcal 脂質1.32g(1.79%) 蛋白質16.5g(22.4%)

4月29日~5月15日
 ささみ 30g(生30gを茹でたもの) 
 サツマイモ 30g(ゆでたもの30g)
 白米 30g(炊いたご飯30g)
 ランフリー脂質3%ドライフード 10g
 ランフリーオリジナル脂質3%ドライフード 25g(脂質をできるだけ中鎖脂肪酸にしたレシピ)
 約213.5kcal 脂質1.44g(2.31%) 蛋白質14.6g(23.5%)

 ※飲み水はエビアンを使用しています

サプリメント
 カルシウム
 マルチビタミン&ミネラル
 ビタミンB群
 ビタミンB12
 ビオチン
 ビタミンK
 ビタミンD 
 ビタミンC
 L-グルタミン
 亜鉛
 マグネシウム
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ジェントルダイジェスト

投薬
 プレドニゾロン 1mg/5日

初の試みです。
ランフリーさんで脂質をできるだけ中鎖脂肪酸にしてオリジナルフードを作っていただきました。
脂質割合は3%で、中鎖脂肪酸の原料はココナッツパウダーです。
脂質の約50%程度が中鎖脂肪酸なのかな?

難点は、やや食いつきが悪い(>_<)
何とかごまかしながら食べさていますが、改善が必要かもです(笑)
検査結果のUPを期待しましたが、結果はほぼ横ばいという感じです💦

蛋白漏出性腸症の比較病態生理学および管理 にも、中鎖脂肪酸について以下のような記載があり、もう一度使ってみることにしました。

medium-chain triglycerides (MCTs) are water soluble and can pass through enterocytes into the portal blood, bypassing the lymphatics.
中鎖トリグリセリド(MCT)は水溶性であり、リンパ管を迂回して門脈血流に入ることができます。

In people and dogs, MCTs are more efficiently digested and absorbed in this way, and the resulting MCFAs are transported directly to the liver to be metabolized.
人や犬では、このようにしてMCTがより効率的に消化吸収され、得られたMCFAは肝臓に直接輸送されて代謝されます。

Medium-chain triglyceride digestion is rapid and simple, without stimulating cholecystokinin secretion or utilizing the actions of bile and lipase for absorption.
中鎖トリグリセリドの消化は、コレシストキニンの分泌を刺激したり、吸収のために胆汁やリパーゼの作用を利用したりすることなく、迅速で簡単です。

以上のようなことからも、もう一度試す価値ありと思った次第です。


ゴールデンなウィーク中、我が家は地味に日帰りで天草~長崎小浜へ行ってきました🚙
渋滞せず、人が少なそうな所をチョイス(笑

順調にドライブを楽しめましたo(^▽^)o

藍の天草村/天草四郎の銅像
20190516161054bea.jpeg




天草/下田温泉五足の湯
20190516161253c06.jpeg


リップルランドの祈りダコ
20190516161349903.jpeg


フェリーで島原口之津港へ
201905161630273b7.jpeg



小浜温泉ほっとふっと105/夕日を眺めながら長ーい足湯に
20190516161458191.jpeg

201905161615449bd.jpeg


小浜ちゃんぽんを食べて帰りました♪
  1. 2019/05/15(水) 23:35:04|
  2. もも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

エンジェルちゃんの旅立ち

北の大地で、病気を抱えながらものびのびと暮らしていたエンジェルちゃんが、先日空へと旅立ちました。

夢のような北の大地の風景と、孫と年齢が近いお子さんたちの成長と、
そこに暮らすエンちゃんの様子をブログで拝見するのが楽しみでした。
子どもさんたちと、まるで姉弟のように暮らしたエンちゃん、幸せな日々だったと思います。

発病当初から、病状が重くて、ひやひやドキドキしたこともありました。
5年間の闘病中、ママさんは出産の前にはエンちゃんのためにたくさん手作りご飯のストックを準備して臨んだこともありました。

エンちゃん、お疲れさまでした。

ご冥福をお祈りします。

  1. 2019/04/26(金) 12:54:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

体重増加してます(^^)

4月24日
ALB 3.0(2.3-3.6)
TP 5.9(5.0-7.0)
Tcho 111(111-312)
Ca 10.2(9.3-12.1)
イオン化Ca 1.20(1.0-1.5)
CRP 0.4(<0.7)

4月11日~4月24日
ごはん(1日分)
 ささみ 40g(生50gを茹でたもの) 
 サツマイモ 35g(ゆでたもの40g)
 白米 60g(炊いたご飯60g)
 ランフリー脂質3%ドライフード 15g
 ランフリー脂質2%ドライフード 15g
 約246kcal 脂質1.32g(1.79%) 蛋白質16.5g(22.4%)

 ※飲み水はエビアンを使用しています

サプリメント
 カルシウム
 マルチビタミン&ミネラル
 ビタミンB群
 ビタミンB12
 ビオチン
 ビタミンK
 ビタミンD 
 ビタミンC
 L-グルタミン
 亜鉛
 マグネシウム
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ベルキュア(4/14まで)
 ジェントルダイジェスト(4/17~)

投薬
 プレドニゾロン 1mg/5日

4月14日の朝方、久々に胃液を吐きました。
胃液を吐く以外はいたって元気なんです。
前日長時間(往復4時間くらい)のドライブをしたので、疲れたのかも??
その後2日間くらい、日中に胆汁混じりの黄色い胃液を吐くことがありました。
そのためサプリメントが迷走💦
どこか調子悪いのかもしれない??と、連休前だし、検査にも行きました。

体重が2.9kgに増えていました!!
約1ヵ月で300g以上増えてる(*_*)
ずっと同じ量を食べているのに~
このまま増え続けるのは困るけど、現状はOK。

フィラリアの検査も陰性でした。
今年は早くも蚊を見かけるので、予防をどうするか思案中。
レボリューションタイプが出ているらしいので、来月末あたりに体調がよければ投与するかな~

週末からのゴールデンウィーク、犬連れでお出かけ、お泊りしたいな~と、探してみるものの。。。
予防接種してないので、どこも泊まれません💦
ももはきっと家でのんびり、近所でのお散歩が嬉しい筈☆
ダラダラと過ごしたいと思います。

とりあえずプライムビデオ観ようかな(笑

2019042517581599a.jpeg


20190425175801124.jpeg
  1. 2019/04/24(水) 23:26:14|
  2. もも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

闘病7年目の春です~

4月10日
ALB 3.1(2.3-3.6)
TP 5.9(5.0-7.0)
Tcho 96(111-312)
Ca 10.1(9.3-12.1)
イオン化Ca 1.16(1.0-1.5)
CRP <0.3(<0.7)

3月21日~4月10日
ごはん(1日分)
 ささみ 40g(生50gを茹でたもの) 
 サツマイモ 35g(ゆでたもの40g)
 白米 60g(炊いたご飯60g)
 ランフリー脂質3%ドライフード 15g
 ランフリー脂質2%ドライフード 15g
 約246kcal 脂質1.32g(1.79%) 蛋白質16.5g(22.4%)

 ※飲み水はエビアンを使用しています

サプリメント
 カルシウム
 マルチビタミン&ミネラル
 ビタミンB群
 ビタミンB12(3/16~)
 ビオチン
 ビタミンK
 ビタミンD 
 ビタミンC
 L-グルタミン
 ミヤリサン
 亜鉛
 マグネシウム
 強力ワカモト
 ふりかけわん
 ジルケーン

投薬
 プレドニゾロン 1mg/3日

桜、今年は見ごろが長く続き、3回もお花見しました!!!
今日の雨で、もう桜も終わりかな~

20190410185754a0f.jpeg


20190410185825b6c.jpeg


201904101858064d8.jpeg



2013年4月に病気がわかって7年目の春を迎えました。

病理検査の評価は「リンパ管拡張を伴う、中等度、リンパ球・形質細胞性、萎縮性、小腸炎」というものでした。
腹腔鏡検査を行っている間モニターで腸の上皮や内腔を見たのですが、絨毛は白く乳糜が満ちていて明らかなリンパ管拡張症でした。
フードは、ヒルズのi/dと低分子プロティンを混ぜて与えていて、しばらくは検査結果も良かったのですが、次第に食欲がなくなり不安な日々でした。
どうやらささ身とジャガイモがいいらしいと知り、フードに混ぜて与えてみたりしていましたが、6月のワクチン接種後に体調は悪化し、様子がおかしいと思い検査に行ったところ、アルブミンは1.7と低下していていました。
あの頃のご飯は脂質何パーセントだったろうか。。。

現在お世話になっている動物病院に変わり、ステロイド投薬を開始と低脂肪の療法食への切り替えで、しばらくは調子が良かったのですが、また次第に食欲は低下し、ステロイドを減らすとアルブミンは下がっていきました。
色々調べていくうちに、ささ身とジャガイモで回復した例を知り、自己責任でフードを止め手作り超低脂肪食へ切り替えました。
担当の先生の理解も得て、何度も助けてもらいながら、また、たくさんの人の助言ももらいながら、6年が過ぎ7年目の春です。

また1年頑張ります!!

20190410185846824.jpeg
  1. 2019/04/10(水) 19:08:15|
  2. もも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ