FC2ブログ

ヨーキーもも

カルボプラチン5回目

9月10日 カルボプラチン5回目の投与を無事に行うことができました。

投与前の血液検査結果
白血球 180(50.5-167.6)
好中球 13190(2950-11640)
TP 6.0
ALB 2.9
ALP 83(17-78)
Tcho 91(111-312)
Glu 114
BUN 43.2(9.2-29.2)
Cre 1.51(0.4-1.4)
Ca 9.9


今回のエコーでも転移などの異常は見つかりませんでしたが、血液検査で複数の項目が基準値を外れるようになってきました。
ちょっと心配。。。
回を重ねると、薬の影響が体内に蓄積されていくのでしょうね。

あくまでも文献上ですが、脾臓脂肪肉腫は術後平均生存6ヶ月とされていますが、 現在まで目に見える転移などがなく経過しているので、カルボプラチンに一定の効果があったと考えられるそうです。
ももを「褒めてあげて」と先生。

もしかしたら癌細胞は手術で取り切れていて、どこにもなかったのではないか。。と思えることもありますが、腫瘍マーカーなど無い動物の場合、そうと言い切れない。
細胞レベルでは、もしかしたらどこかに飛んで潜んでいるのかもしれないと考えるのが一般的でしょうか。
でも、ほんとに癌細胞が存在していなかったのなら?
つらい治療を強いているようで、ももに申し訳ない気持ちになります。

色々考えながらの治療ですが、予定回数あと3回。
頑張ろうね!!



20200914125501455.jpeg


スポンサーサイト



  1. 2020/09/14(月) 12:56:47|
  2. 脾臓の間質腫瘍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルボプラチン4回目

8月15日 カルボプラチン4回目の投与を無事に行うことができました。

投与前の血液検査結果
白血球 136.3
好中球 8600
TP 5.9
ALB 3
ALP 73
AST 137
Tcho 103
Glu 106
BUN 31.4
Cre 1.55
Ca 9.8

8回投与予定の折り返し、4回目の投与が無事できました。

今回のエコーでも転移などの異常は見つかりませんでした。
腎機能の数値BUN、Creともにやや基準値を上回っていますが、カルボプラチン投与前から変わらないので続行です。

ALB、TPが高いのは、やはり少々脱水気味なのでしょうか??
脾臓摘出後、ALB、TPともに高めの数値が続いています。
年末ごろから数値が下がっていたのはやはり脾臓の腫瘍が悪さをしていたのではないかと思っています。

体重が少し減ってしまって、今回2.3kgでした。
食べムラがあるので、致し方ない。。。
投与翌日の16日からリカバリー食も半分ほどしか食べませんでした(-_-;)

今朝は、お米の代わりにマカロニを入れてみました。
しばらく食べるのに躊躇していましたが、やっとたべてくれました。

1週間くらいするとドライフードも食べてくれるようになるので、それまであの手この手で乗り切りましょう~



202008180944063f6.jpeg
  1. 2020/08/18(火) 09:44:40|
  2. 脾臓の間質腫瘍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カルボプラチン3回目

7月25日 カルボプラチン3回目の投与が無事終わりました。

投与前の血液検査結果
白血球 99.3
好中球 5210
TP 6
ALB 3.1
ALP 126
Tcho 97
Glu 114
BUN 35
Cre 1.53
Ca 9.3

大きな問題なく3週間が過ぎ、3回目の投与が無事できました。

今回のエコーでも転移などの異常は見つかりませんでし
前回(7/2)出した腎機能の検査SDMAの値は18で、6/11の検査値と大差ないのでカルボプラチンの投与での上昇は見られていないと思われます。
前回投与10日後(7/13)の白血球数は105.6、好中球は6730で、低下は見られませんでした。
今回は少し脱水気味だったのか、CreやALBが高めです。
問題になるような検査値の動きは無いとみて、次の投与まで中間での検査はしないで良いとのことです。

体重は手術後から2.5kg前後を維持しているけど、周期的に食べムラが出て手を焼きますが、もものその時の気分に合わせて給餌してます。

投与から今日で3日ですが、今回は投与日の夜に1回嘔吐して、食欲も低下が続いています。
リカバリー食(ささみ、サツマイモ、白米)でなんとか乗りきって、元気回復しようね(^^)/


20200728141737dbe.jpeg
  1. 2020/07/28(火) 14:15:34|
  2. 脾臓の間質腫瘍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルボプラチン2回目

7月2日 カルボプラチン2回目投与の投与が無事終わりました。

投与前の血液検査結果
白血球 108.7
好中球 5600
TP 5.4
ALB 2.5
ALP 114
Tcho 78
Glu 103
BUN 41.3
Cre 1.2
Ca 9.5

この3週間、ご飯はほとんど手作りのみになってしましました。
それでもやはりアルブミンは低下していますが、これくらいは許容範囲かな。

現在食べているものは
ささみ 50g
白米 50g
サツマイモ 30g
かぼちゃ 30g
砂肝 3g

サプリメントはビタミン&ミネラル類、MCTオイル、それに最近BCAAのサプリをはじめました。

本当に食欲のない時は、ささみ、白米、サツマイモのみにすることもあります。
どんなに弱っていても食べてくれるので、これはものにとってのリカバリー食ですね(笑)

心配していた好中球も5600まで回復していたので、予定通りの3週間で投与となりました。
腎機能のSDMA検査結果はまだ出ていませんが、Creの上昇もないので問題は起こっていないだろうという予想です。
SDMA検査値の結果、上昇がみられたら腎臓の点滴を行う予定です。

エコーも見ていただいて、現在のところ見ることができる範囲では内臓に(時に肝臓)に異常はありませんでした。

次は10日後に白血球のチェックをしてみようということになりました。

ももは、点滴の影響で多尿気味ですが、今のところご飯もたべて元気です(^^)





  1. 2020/07/03(金) 15:00:20|
  2. 脾臓の間質腫瘍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルボプラチン1回目から2週間

6/25 白血球数チェックのため血液検査

投与後2週間で、ぐっと下がってしましました。
次の投与予定(7/2)までに数値が回復しなければ、延期となります。

抗がん剤とはこうゆうものなのですね。。

個々に症状の出方は違うそうですが、ももは免疫低下が現れやすいようです。
念のために、抗生剤(バイトリル)を今日から6日間飲みます。

何が心配かというと、肺炎や腸炎(下痢、嘔吐)などだそうです。

注意して過ごします。


白血球数の変化

検査日6/116/186/25
WBC
(50.5-167.6)
143.598.436.1
分葉好中球
(2950-11640)
105506090770









この1週間は吐き気や下痢といった目立った症状はないけれど、ここ3日位食欲がないようで。。。
手作り食は食べないが、ドライフードだけ食べたり、また逆だったり(T_T)

もう、ももが食べることができるもので食べるものを出してみて、食べなかったら別のもの、というようになっちゃっています。
それでも、あれこれやりながら通常の80%位は食べてくれています。

寝ていることが多いですが、具合が悪そうだったり、しんどそうだったりはないです。
散歩も行きますし、快便です。

脾臓の脂肪肉腫は本当に症例が少なく、文献検索をあちこちのサイトでしてみました。
国内での論文が2件見つかったので紹介します。

「脾臓脂肪肉腫の犬の1例」2007年
16歳のケアン・テリア(雄)4.8kg
2年前から超音波検査で脾臓に1㎝大の腫瘤が認められていたが飼い主の希望で無治療で経過。肝酵素上昇などがあり肝臓に対する保存療法実施。7か月後に死亡。全身の解剖実施。
脾臓の腫瘤は脂肪肉腫と診断された。
肝臓に明らかな腫瘤性病変は確認されなかった。
その他の臓器に異常はなかった。
摘出手術なしで腫瘤発見後2年7カ月の長期生存。
核分裂像は少数

「脾臓に脂肪肉腫を認めた犬の1例」2009年
12歳のマルチーズ(雌)3.9kg
痩せてきて、内股あたりが膨らんできたとの主訴
腹部膨満、可視粘膜蒼白
CT検査で脾臓付近に腫瘤を認め、その他臓器に明らかな転移像は認められなかった。
開腹手術で脾臓に小児頭大の脾臓から発生の腫瘤が認められ摘出
病理検査で核分裂指数は16/10HPS
壊死像も顕著
術後の経過は良好であったが、術後5カ月で死亡した。

これらの文献から、脾臓脂肪肉腫は悪性度が様々なことがうかがえます。










  1. 2020/06/25(木) 18:54:12|
  2. 脾臓の間質腫瘍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ