FC2ブログ

ヨーキーもも

⑭2018年~フードの割合増からフードのみへ

2017年にフードをスペシフィクからランフリーに変更して徐々に増量し、この一年でフードを数種類混ぜて脂質を調整しフードのみに切り替えてみました。半年程度は順調でしたが、2018年11月に調子を崩し、また再出発となりました💦

 期間
食材サプリメント投薬脂質ALBTP
2017/12/14
2017/12/19
ささみ40g、白米50g、サツマイモ33g
脂質3%ドライフード20g
Lグルタミン、強力ワカモト、カルシウム、ビタミンD、マルチビタミン&ミネラル、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK、ビオチン、ふりかけわん、ミヤリサンプレドニゾロン1mg/5日1.85%2.95.7
2017/12/20

2017/12/31
ささみ40g、白米40g、サツマイモ33g
脂質3%ドライフード25g
2.02%
2018/01/03
2018/01/10
ささみ40g、白米45g、サツマイモ33g
脂質3%ドライフード20g
1.88%
2018/01/11
2018/02/10
Lグルタミン、強力ワカモト、カルシウム、ビタミンD、マルチビタミン&ミネラル、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK、ビオチン、液体酵素、ミヤリサン3.05.8
2018/02/11

2018/02/26
3.05.8
2018/02/27
2018/03/07
ささみ40g、白米40g、サツマイモ33g
脂質3%ドライフード25g
2.02%
2018/03/08
2018/04/04
Lグルタミン、強力ワカモト、カルシウム、ビタミンD、マルチビタミン&ミネラル、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK、ビオチン、液体酵素、ミヤリサン、ヴェルキュアバウ2.95.9
2018/04/05
2018/05/09
ささみ40g、白米40g、サツマイモ33g
脂質3%ドライフード30g
Lグルタミン、強力ワカモト、カルシウム、ビタミンD、マルチビタミン&ミネラル、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK、ビオチン、液体酵素、ミヤリサン、亜鉛2.22%2.95.6
2018/05/10
2018/05/24

2.7

5.4
2018/05/25
2018/06/01
脂質3%ドライフード25g
脂質2%ドライフード25g
脂質0.2%ウェットフード100g

Lグルタミン、強力ワカモト、ビタミンD、マルチビタミン&ミネラル、ビタミンB群、ビタミンB3、ビタミンC、ビタミンK、ビオチン、液体酵素、ミヤリサン、亜鉛、マグネシウム

2.45%
2018/06/02
2018/06/06
脂質3%ドライフード23g
脂質2%ドライフード20g
脂質0.2%ウェットフード100g
2.44%
2018/06/07
2018/06/27
脂質3%ドライフード20g
脂質2%ドライフード16g
脂質0.2%ウェットフード100g
2.41%2.85.6
2018/06/28

2018/07/18
2.85.8
2018/07/19

2018/07/21
2.65.3
2018/07/22

2018/08/08
脂質3%ドライフード20g
脂質2%ドライフード16g
脂質0.2%ウェットフード100g
サツマイモ10g
2.38%2.85.8
2018/08/09

2018/10/03
3.06.0

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/12/12(水) 15:54:33|
  2. ももの記録まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

順調(^^)な数値の回復と、夏から続く皮膚トラブル

12月5日
検査結果
ALB 3.2(2.3-3.6)
TP 6.0(5.0-7.0)
Tcho 92(111-312)
Ca 9.6(9.3-12.1)
イオン化Ca 1.14(1.0-1.5)

11月22日~12月5日
ごはん(1日分)
 ささみ 50g(生50gを茹でたもの) 
 サツマイモ 40g(ゆでたもの40g)
 白米 70g(炊いたご飯70g)
 約232kcal 脂質0.7g(1.26%) 蛋白質13.7g(25.1%)

サプリメント
 マルチビタミン&ミネラル
 ビタミンB群
 ビオチン
 ビタミンK
 ビタミンD 
 ビタミンC
 L-グルタミン
 ミヤリサン
 亜鉛
 マグネシウム
 強力ワカモト
 
投薬
11/21-11/27
 プレドニゾロン 1mg/1日
11/28-12/5
プレドニゾロン 1mg/2日

減薬が進み、この1週間2日に1回1mgのプレドニゾロンでも数値は好調のなので、更に減薬して、フードの利用も再開しようと思います。
超低脂肪食という治療法に、何度も何度も助けられています。
もしかしたら、ももが日本中で一番この食事療法に反応が良いのかも??と思うほどです(〃▽〃)

また、シャンプーしてもすぐに瘡蓋ができてくるという、夏から続いている皮膚のトラブルに、今回ヒビテンを使ってみることにしました。
数日使ってみて、効果が感じられますので、根絶目指して続けてみます。


201812071645172db.jpeg

穏やかな日が戻りました。
  1. 2018/12/07(金) 16:58:28|
  2. もも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

順調(^^)

11月21日
検査結果
ALB 3.0(2.3-3.6)
TP 5.6(5.0-7.0)
Tcho 91(111-312)
Ca 9.8(9.3-12.1)
イオン化Ca 1.10(1.0-1.5)

11月15日~11月21日
ごはん(1日分)
 ささみ 40g(生40gを茹でたもの) 
 サツマイモ 40g(ゆでたもの40g)
 白米 70g(炊いたご飯70g)
 約227.8kcal 脂質0.58g(1.2%) 蛋白質11.2g(23%)

サプリメント
 マルチビタミン&ミネラル
 ビタミンB群
 ビオチン
 ビタミンK
 ビタミンD 
 ビタミンC
 L-グルタミン
 ミヤリサン
 亜鉛
 マグネシウム
 強力ワカモト
 
投薬
 プレドニゾロン 2mg/日

手作り超低脂肪食には反応が良いももです!!
11月17日頃から便に粘膜がつかなくなり、黒ぽかった色も通常の色に戻りました。
元気に散歩もできてます(^^♪
食欲も旺盛。。。すぎて
お薬の影響なのか、、、食欲亢進で、ご飯の30分前ごろから興奮して?震えだします💦

当面はプレドニゾロンを減薬しながら、炎症が完全に治まるのを見極めて、機会をみてまたフードに切り替えていこかと思っています。

IMG_1176.jpg


  1. 2018/11/21(水) 14:51:50|
  2. もも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

回復傾向です。

11月14日
検査結果
ALB 2.4(2.3-3.6)
TP 5.2(5.0-7.0)
Tcho 81(111-312)
イオン化Ca 0.96(1.0-1.5)
CRP <0.3(0-0.7)

11月7日
11:00頃 皮下点滴とステロイド注射
20:00頃 水を一口飲んだ後腹痛のためか震え始めた
21:00頃 泥状の血液混じり粘膜便

11月8日
18:00頃 皮下点滴とステロイド注射 腹膜の炎症とともに僅かに腹水がみられた
19:30頃 ささ身、さつまいも、白米のおかゆを子さじ1杯
21:30頃 ささ身、さつまいも、白米のおかゆを小さじ1杯

11月9日
13:00頃 皮下点滴とステロイド注射 腹水に変化無し
18:00頃 泥状便少量(血液はない)
ささ身、さつまいも、白米のおかゆを4回 各大さじ1

11月10日
01:00頃 小指大軟便にゼリー状血液付着
11:00頃 皮下点滴とステロイド注射 腹水消失
16:30頃 小指大黒っぽい軟便
ささ身、さつまいも、白米のおかゆを4回 178kcal/日l程度

11月11日
08:00頃 小指大普通便
ささ身、さつまいも、白米のおかゆを4回 178kcal/日l程度
プレドニゾロン2mg

11月12日
01:00頃 親指大普通便と小指大血液混じり粘膜便
02:00頃 ケチャップ状便(粘膜と血液)
17:00頃 小指大黒色粘膜付便
ささ身、さつまいも、白米のおかゆを4回 178kcal/日l程度
プレドニゾロン2mg

11月13日
02:00頃 少量の血液混じり粘膜便
06:30頃 小指大黒色便と血液混じり粘膜
17:00頃 小指大黒色便
ささ身、さつまいも、白米のおかゆを4回 178kcal/日l程度
プレドニゾロン2mg

11月14日
09:00頃 小指大黒色便
17:00頃 小指大やや黒っぽい便
ささ身、さつまいも、白米のおかゆを4回 178kcal/日l程度
プレドニゾロン2mg

生命力あるももです!!!
3kgあった体重は2.5kgまで落ちてしまいましたが、散歩できるくらい元気になりました。
きっとこのまま順調に回復するはずです!!!

20181115132921618.jpeg




懐かしい友人からの便りが届き、やり取りの中で、哀しい辛い別れがあったことを知りました。
元気に海を駆け回っていたワンコでした。

ワンコってこんなにも嬉しい表情をするものなんだ。。。と、いつも思っていました。
あの日々、あの子は幸せな時間を過ごしていたとを確信しています。
ご冥福をお祈りします。






    

      
  1. 2018/11/15(木) 13:33:06|
  2. もも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

腸の炎症と腹膜の炎症

秋晴れが続いています。
久しぶりに、ももと出かけていっぱい写真を撮りました。
とても嬉しそうな顔です。

20181106124500a69.jpeg


2018110612441110f.jpeg



いたずらも盛んでした。
こうして物をくわえて逃げ回ります(^^)

201811061244265b4.jpeg


元気そうでしたが、時々ご飯を食べ残したり、ウンチの回数が増え、軟便だったり。
少し痩せたかなぁと感じていました。

11月6日 
17:30頃 散歩で血液が混じった軟らかめなウンチ。
18:00頃 ご飯をほとんど食べず。
18:30頃 腹部に赤い膨隆疹
・・・・・・何だか変だと感じた。
その後すぐ、未消化フードの嘔吐。
続いて、やや消化が進んだ嘔吐。
そして嘔吐物に血液が混ざり始めた。
軟便も少し。

21:30 夜間動物病院受診

エコーでは小腸の炎症が見られ、腹膜炎を起こしていることがわかった。
血液検査で
TP 5.2
ALB 2.3
CRP 3.8

点滴と、胃腸薬、吐き気止め等の注射をして帰宅しました。

夜中に2回ほど小指大、小指の先大の赤黒い軟便。
嘔吐はおさまりましたが、腹痛のせいか眠れないようでした。

11月7日
朝一でかかりつけ医へ。
すでに夜間救急動物病院から診察結果の連絡が来ていてました。
エコー、血液検査。
エコーではやはり腹膜の炎症と小腸の炎症が見られ
3Kgだった体重が2.7Kgに減っていることから栄養を吸収できていないと考えられ、
急性の炎症というより、、IBDの憎悪でしょうとのこと。

検査結果
ALB 2.2(2.3-3.6)
TP 4.4(5.0-7.0)
Tcho 78(111-312)
イオン化Ca 0.98(1.0-1.5)
CRP 6.8(0-0.7)

点滴とステロイド注射をしました。

10月4日~11月7日
ごはん(1日分)
 ランフリー脂質3%ドライフード 20g
 ランフリー脂質2%ドライフード 16g
 ランフリー脂質0.2%ウエットフード 100g
 サツマイモ 10g
 約171kcal 脂質1.2g(2.38%) 蛋白質15.8(30%)

サプリメント
 マルチビタミン&ミネラル
 ビタミンB群
 ビタミンB3
 ビオチン
 ビタミンK
 ビタミンD 
 ビタミンC
 L-グルタミン
 ミヤリサン
 亜鉛
 マグネシウム
 強力ワカモト
 
投薬
 プレドニゾロン 1mg/7日

また、頑張ろう!!!




  1. 2018/11/07(水) 14:12:25|
  2. もも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ